ここから本文です

LINE6のPOD X3をスタジオなどで大きなアンプに接続する時、アンプ側のインプットジ...

bbd********さん

2012/6/412:29:14

LINE6のPOD X3をスタジオなどで大きなアンプに接続する時、アンプ側のインプットジャックに接続してはいけないみたいな事を聞いたのですが?

そうなんですか?


どこに接続すればいいんでしょうか?またPOD側の設定なども変える必要があるんでしょうか?

補足よく使うスタジオのアンプがYAMAHAのコンボタイプしかありません。その場合はやはりReturn接続とゆう事でしょうか?

閲覧数:
1,672
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hrs********さん

編集あり2012/6/418:10:08

いけないというか、PODに限らずアンプシミュレータをアンプのインプットに繋ぐと、シミュレータのプリアンプ-スピーカーシミュレータ-プリアンプ-スピーカーと二重に音が加工されてしまうので、せっかくPODで作った音が崩れてしまいます。
エフェクターのみ使うならInputに挿してもいいんですが、作った音をそのまま使うなら、むしろアンプよりもライン、つまりミキサーにつないだ方がいいです。その際、PODのAMP-LINEスイッチはLINE側にしておきます。
ギターアンプからの返りが欲しいという事もあるでしょうから、その場合はアンプのプリアンプ部を通さないようにします。具体的には、アンプの裏側にあるReturn端子に繋ぎます。無いアンプもありますけど。その際は、PODのスピーカーシミュレータはオフにしておきます。

アンプの音はスピーカーに拠るところが大きいので、せっかくスピーカーシミュレータ使って音作りしたんだったらLineの方がいい気もしますが、モニタースピーカーが残念な感じのだった場合はアンプからの方がいい場合もありますよね。
なので、普段からよく使うスタジオやライブハウスに置いてあるアンプのスピーカーをシミュレートして音作りをすると、現場では微調整だけで済みます。


補足
YAMAHAのみとはまた…。
上記したように基本はReturn端子です。
端子が無いなどでInputに繋ぐ場合は、アンプがフラットになるセッティング、EQを全部12時にすればなる場合と、Middleだけ10であとは全部0の状態でフラットになるアンプなど、ものによって様々です。色々試してみましょう。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる