ここから本文です

猛禽類の攻撃力について 大型の猛禽類が獲物に突撃する時の攻撃力ってどれくら...

d_r********さん

2012/6/615:37:05

猛禽類の攻撃力について

大型の猛禽類が獲物に突撃する時の攻撃力ってどれくらいですか?
最強の猛禽類オウギワシの握力は140〜150kgくらいあるそうですが、実際に人間や動物を掴ませたら骨

もろとも砕いてしまうんでしょうか?

ナマケモノは天敵のワシの上空からの一撃で絶命するそうですしオウギワシが一度羽ばたけばサルは叫びながら逃げる、猛禽類ってそんな強大な存在なんですか?

閲覧数:
5,809
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ywy********さん

2012/6/821:48:32

150kgは無いと思います。ただし、オウギワシなら子羊(20㎏)くらいなら余裕で一緒に飛んで行けるくらいパワーがあり、
それは単純に両足で獲物を捕まえ持ち上げるだけでなく、瞬発力、持久力を含め握力(?)は100㎏前後はあると思います。
なぜそうなるかというと、猛禽類の握力を図らせる=攻撃させる
ということになり、つまり着地時のただ測定機に止まらせるだけでは測れないのでおおよそそこまでの検査をしたケースは無いと思います。
猛禽類の握力が分かるのは実際に連れ去られた動物だけですね。

その力で捕まれたら絶命したり、骨折などは滅多にないと思います。なぜならオウギワシは口ばしで獲物を殺すからです。
オウギワシの口ばしの力はそれこそ150㎏位はあるのではないでしょうか。
とくに著名な攻撃力といえば握力より爪や骨格にあると思います。指と爪が獲物の体に食い込みやすく、放しやすいようになっている。
これで内臓を切り裂いたり、筋肉を潰すことで致命傷を与えることはできるかもしれません。
ヒクイドリとかダチョウのような巨大な足の筋力に任せた攻撃の場合骨折とかすることはあると思います。

ナマケモノは実に弱い生き物で、人でも片手でひょいって持ち上げることができるくらいの小動物です。
実際にyoutubeとかでどんな生き物か見てみると分かると思います。
あれなら死ぬかもしれないですね。

猿とか確実に逃げ切れないですからね。すぐに逃げないと殺されることが分かっているので叫んで逃げるのでしょう。
猛禽類は逃げたり攻撃したりが自由な生き物なので強いのです。

二次元<三次元
強弱は如何に立体的に行動できるかで決まります。
たとえば、鼠のように這いつくばって生きている場合、体を浮かせているタランチュラや猫、蛇の方が強いです。
猿よりも木より高く飛べるワシの方が強いです。
これは海の場合水面を泳ぐことしかできない陸上動物には水中の生き物は勝てないし、
行く状の場合地面を這いつくばるしかできないサメには陸上動物には勝てないとなるのです。

戦車で戦闘機に勝てないのと同じです。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

owl********さん

2012/6/620:13:34

オウギワシの握力は50kg程度といわれています。(結構力持ちの成人男子ほど)
人差し指のカギヅメは長さ15cm程(グリズリーのツメくらい)あるそうです。
この指と同じくらい強力な親指のツメが主な武器となります。
南米の樹上性のサル、ナマケモノなどは、一つかみで肺や内臓を握り潰され、即死するそうです。
因みに、オウギワシは上空から襲うのではなく、密林の中を高速で巧みに飛びながら、横からすくい取るように枝から獲物をもぎ取ります。
人間の骨を砕くことはできないと思いますが、掴まれたら腕の筋肉などは相当のダメージを受けると思います。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる