領国経営とはなんですか?

領国経営とはなんですか?

日本史1,267閲覧

ベストアンサー

0

戦乱期の領国経営は、防衛、民への収奪・徴兵、領国拡張が主な仕事だったと考えます。 基本的に国家を経営するとは、より領国を広げ、たくさんの民から、租税を集めることでした。 戦乱の無い平和な時代に入ると、領国経営者はいかに領民を豊かにするかを考えます。 新田開発、治水、殖産興業、治安維持・・・等に取り組み、民の支持を集めることにも腐心します。 人類の歴史の大まかな流れは、上記の繰り返しだったのではないでしょうか。 翻って現在は、日米に代表されるように、国民の支持を集めるために戦争を始め、戦争で消費と需要を生み出す政策をとっていると考えます。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

詳しい解説ありがとうございました!助かりました!ほかの回答者のみなさんもありがとうございました!

お礼日時:2012/6/10 12:10

その他の回答(2件)

0

こんばんは。 わかりやすく言うと、家臣・領民を含めた国単位、つまり企業の黒字経営化を目指す、ということです。 これが上手くいかないと、謀反や一揆が起きます。

1

大名が与えられている領地を治めることです。武士も領民も全て幸福になるように政治をすることです。

1人がナイス!しています