ここから本文です

海外は日本の少年法のように甘い制度はありますか?

cra********さん

2012/6/901:20:02

海外は日本の少年法のように甘い制度はありますか?

閲覧数:
27,632
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

pot********さん

2012/6/906:46:36

まず、少年法が「甘い制度である」という認識は大間違いです。
もちろん、アメリカ、イギリス、カナダ、フランス、ドイツなど多くの欧米諸国には同様の制度があります。
また、「児童の権利に関する条約(国際条約)」に批准している国では、18歳未満の死刑は禁止されているはずです。


少年犯罪に関しては全般的に減少傾向にあり、中でも特に凶悪犯罪は確実に減少傾向にあります。
少年犯罪のピークである昭和20-30年代に比べると、件数・人口比ともに減少しています。
「メディアによる報道イメージ」で増えてると思い込んでる人が多いのですが、決してそんなことありません。
http://benesse.jp/blog/20090416/p3.html
http://kangaeru.s59.xrea.com/G-Satujin.htm
http://kangaeru.s59.xrea.com/G-Rape.htm
http://kangaeru.s59.xrea.com/toukei.html

内容的にも、最近特に残虐な事件が多くなったわけでもありません。
少年による残虐な事件は昔から数多くあります。
http://kangaeru.s59.xrea.com/ijou.htm

日本の少年法は、世界的にも非常に評価が高いのです。


それに、少年法を廃止すれば
・非行少年の補導などが一切何も出来なくなる
・実際に犯罪行為に及ぶまで警察も全く手も足も出せなくなる
・犯罪の一歩手前で芽を摘むという「最強の武器」を手放すことになる
・治安が著しく悪化する
・18歳未満の死刑執行は”国際法”で禁じられているが、もし実行すれば世界中の国々から北朝鮮並みに嫌われる

それでも構いませんか?


そもそも、あなた少年法の条文を全文通して読んだことありますか?

もしないのでしたら、一度全文通してじっくり読んでみて下さい。
附則を除けば61条までしかありませんので、大して時間もかかりません。
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S23/S23HO168.html

こちらのページでは少年法についてごく簡単に解説されていますので、合わせて読んでみて下さい。
http://www.kodomonoshiten.net/kaiseiQ&A.htm

一番の問題は、「大半の人が少年法を全く正しく理解していない」ということです。
内容を正しく理解した上で、なお問題点があると思えば法改正に向けた活動などをすればいいと思います。

まず、どんな法律なのかを知らなければ、問題のポイントすらつかめないはずです。
どこをどう改正すればいいのかすら全く検討もつかないはずです。

ちなみに少年法は、2000年・2007年に改正され厳しくなっています。


少年法の趣旨も理解せず、条文の中身も全く知らないくせに、「少年法は悪法だ」・「廃止しろ!」などとわめき散らすアホがよくいますが、ああいうのは本当にアホ扱いされます。
内容を知らない法律の批判など全く筋が通りませんし、説得力も全くゼロで論外です。
そんなことでは誰もまともに話を聞いてくれません。

せめて条文ぐらい全部ちゃんと読んで、少年法の趣旨を理解の上で批判するべきです。
決して未成年者を甘やかすための法律ではありません。

法改正に向けた運動などをしている人たちは、その法律についてもの凄く勉強しています。そうすることによって活動の趣旨を明確にしないと賛同を得られないことを分かっているからです。
ですから、ほんの少しでも少年法を理解している人であれば、「廃止すべき」などというアホなことは絶対言いません。「廃止しろ」なんて言うのは、少年法を知らない人です。
もっとも、改正の余地はまだまだあると思いますが。

この知恵袋の回答者でも、少年法の趣旨をちゃんと理解している人は殆どいません。本当にトンチンカンで意味不明な回答ばかりです。

「少年法 海外」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

a65********さん

2012/6/1411:18:11

日本の少年法は厳しいと国連人権委員会や国連子どもの権利委員会から何度も是正勧告が出されていますよ。

日本の少年法のどこが甘いのでしょうか?

ルーレット族や旧車会の大人が暴走行為で逮捕されても違反切符や免許取上など行政処分を受け1日で帰れます。
TVの警察24時でも大人の場合は改造車の改造部分を自分で取り外させてそのまま乗って帰ります。
しかし、少年暴走族は少年法がある為に道交法の微罪でも鑑別所に送られて家庭裁判所の少年審判を受け更生の見込みがないと判断されたら少年院送りです。少年法は18歳未満の者が夜10時~翌朝5時まで野外にいた事だけ補導出来ます。また、非行歴があれば家庭裁判所の少年審判で少年院に送れます。少年審判は地裁に逆送された少年事件と違い弁護士を付ける事は出来ません。つまり、本人や弁護士のいい訳や弁論などなく警察調書と鑑別所の鑑定結果で審判が1日で出ます。

少年法を勘違いしていませんか?

日本の刑法では14歳以上の者は成人同等に地方裁判所に送られて刑事罰を少年刑務所で受ける事になります。
日本の無期懲役者で60年以上監獄にいる者が3人いますが少年時代の犯罪者です(この長期投獄にも国連人権委員会は何度も是正勧告を日本に出しています)。

14歳未満の刑罰禁止や18歳未満の死刑を禁止しているのは刑法です。
その年齢基準も戦後、日本が国連に加盟するために国際法の最低年齢で決めてあります。
その年齢を下げるには国連を脱退しないと出来ません。
18歳未満の死刑禁止も国際法です。

昨年、最高裁で死刑判決が出た少年2人と山口母子殺人の少年をTVが実名報道して話題になりましたが、元々少年犯罪の実名報道は出来てフライディや週刊文春など凶悪事件の少年の実名報道をして来ました。
少年法が規制してるのは家庭裁判所の少年審判だけで地裁に送られた少年事件は関係ありません。

少年法
第61条 家庭裁判所の審判に付された少年又は少年のとき犯した罪により公訴を提起された者については、氏名、年齢、職業、住居、容ぼう等によりその者が当該事件の本人であること推知することができるような記事又は写真を新聞紙その他の出版物に掲載してはならない。

少年法とは、成人なら懲役3年以下で執行猶予が付く事件や親の監督に従わないとか家出常習など犯罪ではない非行行為も家庭裁判所で少年審判を行い、必要に応じて少年院や児童支援施設などで矯正教育を受ける事になる。

少年法で扱う事件については第3条に書いてあり逮捕でなく補導になります。
少年審判は有罪や無罪を問う所でなく非行からの教育を目的にする為に少年審判には弁護士は付きません。よって非行少年のいい訳は一切認められません。ドラえもん弁護士も付きません。
また、少年院も刑罰を受ける監獄ではなく教育施設なので冤罪もありません。
御殿場事件の様に少年グループにレイプされたと訴えた少女が狂言だったと後から解っても少年院に送った責任は誰にもありません。少年院は刑罰でなく普段の非行に対して矯正教育ですから。

少年法
第3条 次に掲げる少年は、これを家庭裁判所の審判に付する。
1.罪を犯した少年
2.14歳に満たないで刑罰法令に触れる行為をした少年
3.次に掲げる事由があつて、その性格又は環境に照して、将来、罪を犯し、又は刑罰法令に触れる行為をする虞のある少年
イ 保護者の正当な監督に服しない性癖のあること。
ロ 正当の理由がなく家屋に寄り附かないこと。
ハ 犯罪性のある人若しくは不道徳な人と交際し、又はいかがわしい場所に出入すること。
ニ 自己又は他人の徳性を害する行為をする性癖のあること。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる