ここから本文です

タンパク質と脂質の過剰摂取について タンパク質と脂質の過剰摂取をしても...

bet********さん

2012/6/1219:33:14

タンパク質と脂質の過剰摂取について



タンパク質と脂質の過剰摂取をしても多くは排出されると聞いたのですが、脂肪にはなりにくく、 排便につながるということでしょうか。
その場合、今までよりも便が多くなるといったことでしょうか。

補足えっと、それは内科医の医者がそう言っていました。
たとえ100%吸収したにせよ吸収率に関しては個人差があると思いますが。

閲覧数:
1,603
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

s20110201.さん

2012/6/1222:50:30

えっとじゃあそのお医者様にPMIDでいいのでエビデンスの提示お願いしてみたらいいですよ。多くは排出されるなんてことが実証されているなら、ネットで論文検索すれば誰でも閲覧できるでしょうから。多分閉口するか、動物実験では~とかいうんじゃないでしょうか

お医者さんって医学のスペシャリストですけど栄養とか代謝のスペシャリストってわけじゃないんですよね。最近じゃ一日一食推奨しているお医者さんなんかも生理の知識あるのかしらって感じのことTVで仰ってましたね。飯食って早く寝ると成長ホルモンが出て筋肉の成長に良いって言ってました・・・

閑話休題

吸収率ですがルブナーの換算係数だと

炭水化物97%
脂質95%
タンパク質92%

んでそれを補正したのがアトウォーター係数です。我々が目にする食品のエネルギー表示の換算係数ですね。

糖質4kcal/g
脂質9kcal/g
タンパク質4kcal/g

つまり人体が吸収できない熱量は補正済みなんですね。研究レベルでの個体による偏差って3%とかです。

ね、人間ってすごいでしょ。ごっつ吸収します。下痢でもすりゃ少し下がると思いますけど重度の消化器系疾患者でも平均で8割の吸収だったなんて研究もあります。そりゃここまで絶滅せずに生き残った生物は食ったもん排出するなんて愚行は犯さないですよね。

もちろん食品の一つ一つ細分化すれば吸収率って違います。タンパク質なんかは植物性の多くは低値だったりします。一般的なアメリカ人の食事から平均をとってたりするので、肉食傾向が強くなっているといっても日本人ではもう少し低くなる可能性だってありますよね。

炭水化物でいえば消化出来ないといわれていた食物繊維なんかでも腸内菌が短鎖脂肪酸にしてくれるおかげで0~2kcal/gの熱利用できますし。これは多分換算係数を定めた当時は考慮されてなかったと思います。

けどこんなのは瑣末な影響ですのでど~でもいいですよね。

質問の回答するなら食ったもんはしっかり吸収されるって認識が妥当です。便の湿重量が高い場合、比例して吸収阻害が起こっている可能性はありますが、多くなると排出されているなんてことは見当違いも甚だしいです。

質問した人からのコメント

2012/6/12 22:59:00

降参 なるほど!ヤブ医者ですね。セカンドオピニオンが必要です。
納得できる丁寧な回答をありがとうございます。またリクエストでお願いしたいのですが、どうぞよろしくお願いします。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

str********さん

2012/6/1219:46:12

>タンパク質と脂質の過剰摂取をしても多くは排出されると聞いたのですが

あり得ません。人体はそんなザルのようにはできていません。

インスリンの追加分泌のみに目が奪われていると、こういったトンデモ情報が出てきたりしますけど、個体差は若干あれど、人体は摂り込んだエネルギーを例外なくほぼ100%吸収します。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる