ここから本文です

「上手い」と「巧い」の違いは何ですか?

mca********さん

2012/6/1820:10:49

「上手い」と「巧い」の違いは何ですか?

閲覧数:
23,462
回答数:
4
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kos********さん

2012/6/1908:46:21

上手いは やり方、やる人。人の行動に使います。
例 話が上手い。


巧いは 物事の技法や工夫 テクニックに使います。
例 細かな工夫が巧い。

「巧い 読み方」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

gna********さん

編集あり2012/6/1905:26:01

どちらも大和言葉の「うまい」に漢字を当てはめただけです。

「上手い」「巧い」、意味は変わりません。どちらも、物事の手際がよいこと、じょうずであること、巧妙であることに変わりはありません。

あとは、書き手と読み手のイメージの問題ではないでしょうか。

確かに「巧い」は表現力に欠けるように感じる場合もあるかもしれませんが、匠の技やスケートの技に関しては、やはり「巧い」です。その技術がいかに巧みであるかは「巧い」を使って表現したいところです。

「歌がうまい」では、おそらく圧倒的に「上手い」を使うことが多いでしょうね。

絵や字も同じ。「絵が上手い」「字が上手い」と言われたほうが個人的にはうれしく感じます。

一方、たとえば、野球でバッテリーの配球が巧妙な場合は「巧い配球」でしょう。この場合は、素人も玄人も関係ないですね。

また、裁縫がうまいのも「巧い」です。技術が優れているという意味で「巧い」を使います。

言い逃れがうまいのは「巧い」でしょう。ここは「上手い」は使いたくないところです。

人使いがうまいのは「上手い」「巧い」どちらもいけそうです。

個人的には、表現に関しては「上手い」を使い、技術に関しては「巧い」を使いたいと思っています。そのほかに関しては、ケースバイケースですね。

ten********さん

2012/6/1823:21:27

「上手い」は、素人目線から見て器用に物事をこなすという事なのです。
「巧い」は、プロとして技能、技術を極める的な感じです。

平たく言えば
「上手い」=素人目線、「巧い」=玄人目線って感じです。

by 粘着デブデブ

ny_********さん

2012/6/1820:38:06

意味は同じです。 しかし「上手い」はよく使われますが、「巧い」はあまり使われません。

「巧」という字のイメージから、技術のみのうまさを感じさせるからのような気がします。

たとえば楽器演奏やフィギュアスケートでは、技術だけでなく表現力も大事ですよね。

個人的には、ピアノが「巧い」と書かれていると、表現力が今ひとつなんだろうかと思います。手品をほめるにはいいかもしれません。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる