ここから本文です

Wクラッチ・ブリッピング・H&Tについてお願いします。 トラック乗ってて、重荷...

sk_********さん

2012/6/2922:03:08

Wクラッチ・ブリッピング・H&Tについてお願いします。

トラック乗ってて、重荷の為坂道でスピードが乗らなくなったので、1速落としてガーッと登りきりたい。


上記の場合、ダブルク

ラッチ・ブリッピングを使うべきですか?
使った方がスムーズだと自分はおもいます。


話は変わりますが、下り坂でのベストな操作は•••(ブレーキのことは省略)

1.クラッチ切る→N→クラッチ繋ぐ→ブリッピング→クラッチ切る→○速(所謂Wクラッチ)

2.クラッチ切りながら変速+ブリッピング(所謂Sクラッチ)

どちらが良いんでしょうか?

速さは求めておらず、いかにスムーズにできる方はどちらか。
ちなみにクラッチ切りながらのブリッピングは車に良い事ではないですよね。

補足まぁやるとすれば、Wクラッチ。

そのクラッチ操作の間“N”の時にブリッピングを入れ、変速時の回転数の差を少なくする。

と、まぁこんな感じで良いんですかね。

閲覧数:
936
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sjy********さん

2012/6/3007:40:50

トラックと一言で言われても軽トラから大型までさまざまですよ。

排気ブレーキなどリターダー装備の中・大型トラックのつもりで回答します。

基本的に今時のトラックはシンクロメッシュが装備されているのでダブルクラッチの必要性はありません。

1速とリバースギアにはシンクロメッシュはないので、もし2速から1速にシフトダウン加速が必要な場合(普通考えられない)はダブルクラッチが必要となるでしょう。


走行中に下り坂にさしかかり排気ブレーキなどの効きをアップさせるためのシフトダウンでも通常の乗用車と同じようにクラッチを切って1段ギアを下げるだけで十分といえば十分です。
また乗用車や小型トラックなどのようなクラッチを繋いだときのショックを和らげるためのブリッピングも中・大型トラックでは不要と言って過言ではありません。

なぜならバタフライが無くポンピングロスが発生しにくくブリッピングせずにクラッチミートさせてもショックがほとんど無いからです。
乗用車でH&Tを使いシフトダウンしているのも『回転数を合わす』と言う人がいますが、クラッチを切らずにシフトダウンをするならともかくH&Tでブリッピングするのはバタフライを開いてポンピングロスの発生を抑える程度のブリッピングなので回転数を合わせるほど踏んでいなくても十分なのです。

リターダーのあるトラックならクラッチペダルを少しでも踏んでいる間は排気がかからずクラッチをそのまま繋いでもショックがほとんどないからです。


あくまで『スムーズ』と言うことだけなら1のダブルクラッチがベストです。
2のクラッチを切っている間のブリッピングはあまり意味がありません。機械的に悪いわけではありませんが、クラッチを切っている間にブリッピングしてもカウンターギアの回転は上昇せず結局シンクロメッシュの力でギアを叩き込んでいるだけだからです。

質問した人からのコメント

2012/7/6 19:36:26

ありがとうございます

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる