ここから本文です

60Lクラスのザックの購入について、教えてください。 この夏は、テント縦走も視...

rad********さん

2012/7/512:44:17

60Lクラスのザックの購入について、教えてください。

この夏は、テント縦走も視野に入れて、大型ザックの購入を検討しています。

皆さんが60Lクラスのザックを選ぶポイント、必要な機能などを教えてください。

初心者の私なりの使用条件を考えてみました。

①テント縦走は、夏の1泊2日から最大2泊3日
(山小屋、ロッジ利用で5日程度)

②軽さよりも耐久性と重視

③背負い心地重視

④上中級者っぽく見えるメーカー製 …冗談、こだわりません(笑)
(例)
マウンテンダックス
マックパック


今は、日帰りか山小屋1泊なので、オスプレー ケストレル28 を使っています。
フレーム、背面パネルの作りの良さ、重い水を収納するハイドレーションポケットや重量バランスも良く、ザックを下ろさなくてもトレッキングポールを収納できるポールホルダー機能なども気に入ってます。

最終的にはショップで実物にウェイトを入れ、試着しますが、予備知識として、宜しくお願いします。

補足zenith0555さん、u_n_i_y_a_m_aさん に詳しく解説いただいたオスプレー イーサー60が、私のニーズに近いと思うと同時に、katomanpapaさん他お使いのグレゴリー トリコニ60も魅力的ですよね。

質問して何ですが、そもそもテント泊だからホントに60Lサイズ必要なの?テント泊登山に必要最小限の機能は何?
と自問自答してます。
アドバイスいただければ幸いです。

閲覧数:
2,276
回答数:
8
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

うに山さん

編集あり2012/7/621:27:31

>補足を受けて


サイズの話に関しては、正直それぞれの“スタイル”によるので何とも言えません。
60で事足りる人もいれば、全く足りない人、余る人、様々だと思います。
60Lは確かに初めての幕営装備を揃えるには、ある程度妥当な容量だとは思うのですが、「60Lだから」っていう概念は捨てたほうがいいかもしれません。

例えば、私のように山で料理をするのが好きな人はどうしても食料・食材で容積は増えるようになりますし、逆に最低限の水と食事で十分よ、という人なら食料で容積を取られる事は無いでしょう。

この“スタイル”というものは、幕営を始めるよりも前の山行である程度固められているとは思いますが、実際に幕営装備を背負ってみないとわからないこともあったりします。
特に単独で行こうとなると更に「それまでの固定観念」が変わることもあります。
「あぁ、実は俺ってこういうスタイルだったのか。」
みたいな気づきがあったりして。

アイテムのひとつひとつをとっても個性が出ます。
標準的なものをひと通り揃える人もいれば、安全性重視の装備をする人、快適性重視の装備をする人、軽量化に執念を燃やす人、重くてもギアを持ち歩くことを厭わない人・・・ ホント、さまざまです。

幕営を始めて最初の頃は、自分のスタイルがどういうものかはたぶんわからないと思います。
恐らく、3~5回くらいの幕営を経て、自分がどういう志向で山に向かっているのか、山でどのような時間を過ごしたいかがわかると思います。

な、もんで、最初のうちから何でもかんでも揃えちゃうと、たぶん後悔しますw
悩ましいところですが、ザックって本当は最後に揃えるのがいいんですよね。
「必ず持っていくもの」が固まってから、ザックを買う、というような。

安い買い物ではないので、確かに機能だ何だ、ってのを精査して、最良のものを選ぶことも大事かもしれません。
ただ、「本当に自分に合う大型ザック」は2代目から、って思うくらいでちょういいと思いますよ。
もちろん、最初からベストなザックに巡りあえればそれに越したことは無いですが、ザックに過度に期待しすぎると、「ザックに合わせたスタイル」を構築するようになりかねませんので。

でも、良いザックに会えると良いですね。
頑張って下さい。


ちなみに、私が今一番気になるのは、バーグハウスのバイオフレックスですw


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


オスプレーのイーサー60使ってます。

1~2泊なら容量的にはちょうど良いかなぁ。
わりと無駄な物を持つ性分ですが、それでも十分。

ULではないけれど、同等容量の他社製品に比べると軽量な部類。でも、素材はしっかりしてるし、ベルト類のパッドの厚みも十分あって、荷重は分散されている感はあります。
結構荒く使ってますが、壊れたりほつれたりする気配は微塵もありません。

同等他社製品にはよく見られる、肩甲骨あたりを支える背面「パッド」がなく、のっぺりした構造になっているのは賛否の分かれるところ。密着度は高いので、背中から腰までの“全体”で背負う、という感覚がありますが、この感覚が苦手な人にはダメかも。
通気性も悪くないほうだと思いますが、昨今流行のエア抜け構造ほどではないので、まぁそれなり、ってところでしょうか。

機能性は高いのですが、その分見た目がポケット・ジッパー・ストラップ類などでごちゃごちゃしているので、ここも賛否の分かれるところ。
私は正面の大型ストレッチポケットの使い勝手がとても良くて気に入ってます。

トップとボトムの2方向からアクセス可能なのは最近では当たり前の機能になりつつありますが、正面のJ字に大きく開く開口部は、テントの中でモノの整理をするときにとても便利です。
正直、最初はフロントアクセスなんか使うかぁっ!余計な機能じゃぁっ!・・・って思ってましたが、行動時は一切使わないけど、テント内でホントに便利。

また、気室の1⇔2の切替もできることは私にとってはとても嬉しい機能。ボトムからのアクセスは欲しいけど、1気室で使いたいという変な人なのでw

雨蓋は本体から外せばヒップバッグ(というか、ワンショルダーバッグ、というか。)になりますが、これも私としては便利機能の一つ。
ちょっとそこまで、程度だったらアタックザックは不要ですから。


私は、背負い心地を第一にして、次に来るのは機能重視というより、機能偏重で選んでますw
先の他のご回答にもありましたが、他のザックに無い機能がある、ということは、その機能を使いこなせれば他ではできないパッキングや行動をすることができるようになるのは魅力です。

1年も経てば他社からも新製品が出て、似たような機能や、もっと良い機能が出たりしてキリがないのは確かですが、それでもオスプレーのザックは機能の部分に製品力を感じることが多いです。

あと、価格面も比較的庶民に優しいのもありますw


参考にもならないかもしれませんが。

質問した人からのコメント

2012/7/9 08:36:42

hakusanusuyukisouさん、katomanpapaさん、zenith0555さん、momo258vyさんほか皆さんからの詳しいアドバイスいただき、ホントに感謝です。

実は私もバーグハウスのバイオフレックスをひそかに狙っていました…。
理路整然と幕営スタイルをご教示いただいたu_n_i_y_a_m_aさん、海外赴任頑張ってくださいね(^O^)/

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/7件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

sea********さん

2012/7/722:23:09

通るルートによっても選び方が違ってきます。テントはどこのテントでしょうか?
水平道や鎖場や梯子を通る登山ですと、ひっかかりが危険なので、すべてイン
が絶対条件。簡単な登山道でしたら、テントなんかは外に装備です。

jeu********さん

2012/7/521:07:15

トリコニ60使ってます。
体全体に荷重が分散される感じは他にはないですね。

少し重いですがその分頑丈で永く付き合えますよ

mom********さん

編集あり2012/7/616:23:44

>この夏は、テント縦走も視野に入れて、大型ザックの購入を検討しています。

テントを先に選び、食糧や行動のスタイルを決めて必要な容量を計算してからが良いと思います。

補足に対して
55~65リットル二キロ超のザックで夏秋に五泊まで使ってました。
食糧や水を現地調達出来るメジャーなコースを選び、今、子どもの分まで持つ必要がなくなったのでスカスカです。

二泊テント泊用に、48リットル位で一キロ半位のザックを探していますが、今のミレーより楽に背負えそうな物がなかなか見つかりません。大型の方が体に負担がかからないような作りになっているようです。
私は肩がこるので腰で背負えるもので探してます。汗は気にしないので背中にピッタリ張りつく感じで背骨の辺りに溝があって風が通るタイプが好きで、流行りのネットは空で背負っても嫌な感じでした。その辺りは人そぞれだと思います。
ゆっくり合うものを探すと良いと思います。

cha********さん

2012/7/519:46:30

何?その中上級者に見えるメーカーって。
第一に背負い心地がくるに決まってんじゃん。
自分は夏テンはバルトロ65使ってるよ。

zenith0555さん

編集あり2012/7/620:13:51

補足について:
これは衣・食・住の必須装備をどれだけ選択するかでしょうね。

テント泊だったら当然ながらテントが要りますが、場所・シーズンを選べばシェルターやツェルトでもいけます。寝る時は衣類を着込むというのであればシュラフを省けますし、地面が軟らかい草地ならばマットも不要!という強者もいるでしょう。

あとは行程に必要な食糧と調理器具を持つだけです。調理用の水は都度、受付の山小屋で買うというのでしたら持ち歩くのは行動用の水だけになります。食糧を全てドライフーズにするというのであれば、かなり軽量化できるでしょう。さらには山小屋によっては予約すれば夕食を提供してくれるところもあるので、持ち歩く食料は行動食・非常食のみというのも可能です。

ここまで書いておいて何ですが、これだとテント泊する意味が無いような・・・w

ちなみにテント泊用の装備はどれくらい揃えられたでしょうか?これから揃えられるというのでしたら貴方が思うテント泊装備をリストアップし、容積計算・重量計算をしてみてください。もちろん、実際のパッキングは「形状」によって制約を受けるので、計算通りにはいきませんが、目安にはなるでしょう。こうやって色々と悩んでいる時も楽しいんですよね^^

あと、私も最初は容量に余裕のあるものを購入し、テント泊の経験を積んでいくことで自分のスタイルと必要な容量を見極めていくという考えに賛成ですね。


同じようにテント泊用に60Lザックを購入しました。まだ行けずじまいですが・・・

日帰り用ザックはオスプレイのアクソス34を使用しており(これが一番背中に合った)、ハイドロレーションシステムやアドオンも幾つか揃えていたので、テント泊用ザックも同社のイーサー60を選択しました(もちろん、背負ってフィッティングは確認しています)。

私はショップの店員さんに相談して60Lにしましたが、テント泊装備に加え、飯盒や一眼レフカメラを入れてもまだ余裕があります。防寒着を持ち歩く秋でも軽量化を心掛ければ60Lも要らないと思います(これは個人のスタイルによりますが・・・)。

そう考えるとメッシュバックパネルのアトモス50でも良かったかなと思いますが、50は下部アクセスが無いのと、このシリーズはフロントジッパーが無かったので見送りました(雨具や調理器具を出す時にイチイチ雨蓋を外さなくて良くて便利かなと^^;)。

他にも同クラスのマウンテンダックスやミレー、グレゴリーも背負ってみましたが、やはり背負い心地がしっくりこなかったのでオスプレーに落ち着いた次第です。

参考にしてください。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる