ここから本文です

なぜ中性脂肪が多いと、HDLコレステロールが減ってLDLコレステロールが増え...

uluvxxxさん

2012/7/519:43:08

なぜ中性脂肪が多いと、HDLコレステロールが減ってLDLコレステロールが増えやすくなるのでしょうか?
厚生労働省のホームページにのってました。

http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/kenkou/seikatu/kousi/about.htm...

ここでは 中性脂肪=トリグリセリド=トリアシルグリセロールと
考えていいのでしょうか?

中性脂肪が多いほど末梢組織により多くの脂質が運ばれ、
相対的にHDLが少なくなるということでしょうか?

回答お願いします><

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
7,549
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kaju_1213さん

編集あり2012/7/601:31:00

「中性脂肪=トリグリセリド=トリアシルグリセロール」と考えて間違いありません。

トリグリセリドとトリアシルグリセロールは別名なだけで同じもので、
中性脂肪は、トリグリセリド、ジグリセライド、モノグリセライドの総称ですが、
血中の中性脂肪の90~95%はトリグリセライドなので、
医師も中性脂肪=トリグリセリドと解釈しています。

では、まずはメカニズムから。(関係のないところは省略しています)

①食事などによって摂取したトリアシルグリセロールは、カイロミクロンとなって、肝臓に送られます。
*カイロミクロン:腸から吸収したトリアシルグリセロールを血液で肝臓へ運ぶためのリポ蛋白です。

②肝臓に送られたカイロミクロンは酵素によって、VLDL(リポ蛋白)となり、肝臓から血液中に分泌される。

③血液に入ったVLDLは、末梢までトリアシルグリセロールやコレステロールを運んでいる過程で、LDLに変化する。
(表現としては、VLDLは末梢で酵素によって、トリアシルグリセロールを手放し、LDLに変化し、LDLが残ったコレステロールを細胞へ届ける)

④HDLは、主に小腸や肝臓で作られ、細胞からコレステロールを回収して肝臓に戻す。

上記の過程で、中性脂肪が増加すると、
②で作られるVLDLが増加するため、結果として③のLDLが増加する。
さらに、VLDL、LDL、HDLを構成するアポたんぱく質は同じであるため、
VLDLやLDLが増加することにより、HDLを作るアポたんぱく質が減少し、HDLが減ってします。

以上のことから

> なぜ中性脂肪が多いと、HDLコレステロールが減ってLDLコレステロールが増えやすくなるのでしょうか?
> 中性脂肪が多いほど末梢組織により多くの脂質が運ばれ、
> 相対的にHDLが少なくなるということでしょうか?

中性脂肪が増加することで、LDLコレステロールの増加とHDLコレステロールの減少が同時に起きる、
ということですね。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

asdcv234さん

2012/7/608:57:13

あなたは頭がいいので難しく考え過ぎです。HDLは低温でも溶けている脂肪、LDLは低温で固体化する脂肪です。血管内に古形の脂がたまれば血管が細くなります(血栓)。その固形化した脂肪を取り除くのは液体の脂です。水では古形脂は落とせません。HDLが増えるとLDLが少なくなります。頭の中はLDLがいっぱい詰まっているのです。HDLとLDLのバランスが必要なのです。脂肪は体にとってなくてはならない栄養素であります。特に女性は最低必要な脂肪は17%と言われています。男性は4%です。女性の体は冷やしてはいけない体なのです。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。