ここから本文です

「こんな」ってどうして形容動詞なんですか?

c5m********さん

2012/7/1007:53:49

「こんな」ってどうして形容動詞なんですか?

閲覧数:
2,262
回答数:
4
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kel********さん

編集あり2012/7/1115:56:11

「こんな」の品詞についてですが、
「このような」という言葉の略として使われる「こんな」の場合は、
対象の形状/状態等を表す言葉で、
終止形が「こんなだ」、連体形が「こんな~」であるという特徴から、
(形容動詞の存在を認める学説では)形容動詞として分類されます。

かつての光村/三省堂の解釈に関する参考リンク
http://pso.aa0.netvolante.jp/fun/konna.html

一方、形容動詞であるならば「こんな」の連体形として、
「こんなな」が使われるはずなのに、
語幹(と見られる)「こんな」だけが使われるという点から、
形容動詞「こんな」とは別の、
活用のない連体詞「こんな」であるとする説もあります。

また(それほど主流の考え方ではありませんが)、
「こんな酷い」などと使われる時の「こんな」など、
程度を表す用法に限定して考える場合、
「このような」という元来の形の活用形としては考えず、
「こんな」という形で、活用しない語であると考えて、
副詞である、という扱いをする説も無くはありません
(それでも元の語としては、やはり形容動詞なのですが)。

以上のように、
それぞれの説にそれぞれの根拠があるわけですが、
必ずしも形容動詞と決められているわけではありません。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

pea********さん

編集あり2012/7/1104:05:35

みなさん難しく考えすぎじゃないですか。


> 「このような」という元来の形の活用形として

こんな(no pun intended)ありもしない元来の形の活用形なんて
言ってるとんでもない回答者も居ますが、
「こんな」は " この+よう+な " が音韻変化したもの。
「な」は助動詞「だ」の連体形で後に続く語句を修飾する。


" この+よう+な " ( kono you na )

" このよう+な " ( konoyou na )

" こん+な " ( kon na )

" こんな " ( konna )


つまり、形容動詞を認める人は " こん+な(だ) " を持って
「こんな」を形容動詞に分類してるんでしょう。


> 「こんな」の連体形として、「こんなな」が使われるはずなのに

「こんなな」が現れるのは後に、「なので」、「なのに」が続くとき。
「こんななので」、「こんななのに」のように。
これを「こんな」の連体形として、「こんなな」が使われるはずなのに、
そう考えるのは日本語に言葉の区切り方が間違ってる。
これはあくまでも「こんな+なので」、「こんな+なのに」です。


個人的には形容動詞なんて概念の必要性は全くないと思いますが、
これは人の好き好き、好みの問題ですね。

rec********さん

2012/7/1022:21:19

「このような」が縮まった形なので、形容動詞である。
形容詞は、「大きい」「高い」「詳しい」のように「い」で終わる形である。

プロフィール画像

カテゴリマスター

wat********さん

編集あり2012/7/1101:43:28

「こんな」は連体詞です。

ーーーーーーーーーーーーー

追記:

ぎえ〜〜〜、他の方々のご回答を見てわたしも調べてみましたが、これ、ひどい状況ですね。よくこんな問題点満載の説明があっちこっちに堂々と載っているもんだ。これが現在の国語学会・日本語学会の言っていることだとすると、あきれてものが言えません。

1。形容動詞説
「こんな、こんに、こんで、こんだ」のように活用しないので、明らかに形容動詞ではない。

2。形容動詞の変形説
「こんなな、こんなに、こんなで、こんなだ」が「本来」の形だって?

▶「こんなな→こんな」
「こんなな」なんて形が現代日本語で使われるのか? わたしは見たことも聞いたこともない。使わない形を根拠に形容動詞である、というのはおかしい。

▶「こんなで→こんなので」(「の」を補う)
▶「こんなだ→こんなので」(「の」を補う)
このように形式名詞を補わなければならないのは、「こんな」が「連体詞」として働いていると言える理由ともなる。

▶「こんなに→こんなに」(変化なし)
これだけ特別に扱って妥当。「こんな」+「に」とする。ただし、問題点は、ほかに「連体詞+に」という言い方があるかどうか。。。それがだめなら、「こんなに」で「副詞」とする。「こんな」が副詞的に使われた場合は、「こんなに」から「に」が省略されている、と考える。
例: こんな(に)たくさん甘い物を食べる

3。副詞説
「こんな」だけでは副詞にはなりにくい。「に」を補ったのを「副詞形」としたほうがいいであろう。

4。連体詞説
以上を鑑みると、「連体詞」と呼ぶのが一番妥当であるように、少なくともわたしは思う。「こんな」は「このような」の約まった形である、と言っても、「こんな」はあまりにも「語形」として独立しているようにわたしは思う。一個の品詞に見なす方が現代語の語感に合致していると思う。

<まとめ>
本来は形容動詞であった(であろうもの)が、現在はこういう形になっている、などという珍奇な議論で、現在形容動詞として活用しない物を今でも形容動詞だと呼ぶのはおかしい。形容動詞としてせめて3つ形が残っているなら、本来は形容動詞である、と言ってもいいかとは思うが、現在の状況で「こんな」は「こんなな」である、などと言えるのであろうか。

いやはや、びっくりしました。言語についての知識に日本語話者としての内省を加えると、わたしには、「こんな」は「連体詞」としか呼べない。でもまあ、以上は単にわたしの考えですし、緻密に検証したわけではないので、あとは、大先生方にまかせるとしましょう。いずれにしても、わたしは、「こんな」を「形容動詞」だとする意義はないと思います。

質問者さん、このご質問は、あなたが疑問と思った点についてご質問なんでしょうか。そういうことだとすると、質問者さんはするどいと思います。でも、もしこれがレポートを書く材料なら、わたしのみならずここの回答者の回答内容をレポートに使うときには、どこから取ってきた内容なのか、レポート内に明記ください。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる