ここから本文です

大学院生の学会参加について。私は現在修士2年の大学院生(理系)です。昨年とある...

アバター

ID非公開さん

2012/7/1016:03:15

大学院生の学会参加について。私は現在修士2年の大学院生(理系)です。昨年とある学会に参加し、今年もその学会に参加しろと言われました。

私は参加する気はないのですが、「研究を任せているのだから、指導教官(准教授)が参加しろと言ったら参加するのが普通だ」と言われました。新規データはほとんどなく、もし参加したら昨年とほとんど同じ内容になってしまします(去年はポスターセッション2回、口頭発表1回参加しました)。また、内容も銅鉄論文のようなもので、結果は大体予測できます。学会は自由参加だと考えているのですが、修士では「義務」なのでしょうか?

あと、学会発表や論文を書くときは1stは指導教官というのが普通なのでしょうか?去年の学会発表のときや論文を書いたときは1stを指導教官にし、2ndを私にしました。確かに研究室に配属されて、研究テーマは与えられましたが、その後は全て自分で考え、改良に向けて様々な手法を考え研究してきました。自分で考えるというのは当然なのでしょうが、1stを指導教官にするのも普通なのでしょうか?(論文を書いたときは添削をしてもらっただけです。)

ほとんど(全く)アドバイスもしないのに、手柄だけ横取りされたような気分になり、納得がいきません。

話がそれましたが質問したいことは

・学会参加は義務なのか?
・論文や学会発表の時、実際に執筆したり実験をやったりしたものが1stになるべきではないのか?

ということです。ご意見をお聞かせください。

閲覧数:
1,266
回答数:
3
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

rai********さん

編集あり2012/7/1019:48:58

・学会参加 ⇒義務ではありません。
・ファースト・オーサー ⇒上記の状況であれば通常あなたであるべきです。
しかし、現実には指導教官の命令(この場合、学会参加)に逆らえなかったり、指導教官にファースト・オーサーを譲らねばならないことが少なくないです。
もし、あなたが修士課程で勉学を終わりにするなら、指導教官がむっとしたとしても、あなたの意見を通してもまあ問題ないでしょう。
しかし、今後、博士課程(後期)まで進み、さらには同分野における研究者を目指すなら、指導教官らと良好な人間関係を維持しておく必要があります。たくさん「恩」を売っておいて長期的には損はない、と考えてみてはいかがでしょうか。

アバター

質問した人からのコメント

2012/7/16 19:17:56

非常に参考になりました。学会については話し合いたいと考えています。論文については学校に相談しようと思います。

>benngiteさん
ご回答いただきありがとうございました。頭ではわかるのですが、教授が人間として大嫌いなので心では納得できていません^^;(この教授が原因でうつになった人や学校に来なくなった人が・・・)

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

die********さん

2012/7/1601:20:42

・学会参加は義務なのか?
人間関係のために、出ておいた方が無難です。


・論文や学会発表の時、実際に執筆したり実験をやったりしたものが1stになるべきではないのか?
研究室/教授によります。first authorで通している教授なら、それに従うしかありませんよ。

ben********さん

2012/7/1302:30:53

学会発表は、「義務」です。
指導をお願いする、というのはそういうことです。
たとえ酷評が予想されようとも、責任は質問者様にある、とお考えになることが大切です。

論文のファーストに関してですが、不本意なお気持ちは分かりますが、やはりこれも教授に譲られるべきものです。
それだけこの世界では、院生は半人前以前、教授は優位です。

私の回答には納得されないかもしれませんが、納得されないのであれば、まだまだご自分の認識が甘い、とお考えになられることをお勧めします。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる