ここから本文です

ユダヤ教にいた異教徒の「神を畏れる者」がユダヤ教を経過せずにクリスチャンにな...

yma********さん

2012/7/1313:52:32

ユダヤ教にいた異教徒の「神を畏れる者」がユダヤ教を経過せずにクリスチャンになる可能性があったのではないでしょうか?

アンティオキアの改宗者ニコラオスやダマスコのクリスチャンはどう考えますか?

ヘレニスト七人のうち一人は異邦人出身です。

http://www.emimatsui.com/artstudy/bible/old_bible02.html
>(1)ユダヤ教の神の価値を神学的に認める。(2)割礼を受ける。という以上の2点であるが、他に禁止事項なるものがあり、異邦人との交わり、食事すらも禁止する厳しい規則があった。また、そんな厳しいノルマに決心がつかない者を「神を畏れる者」と呼んだ。

行伝6-5
5 こうして話されたことは大勢の者全員の喜ぶところとなった。それで彼らは,信仰と聖霊に満ちた人ステファノ,およびフィリポ,プロコロ,ニカノル,テモン,パルメナ,またアンティオキアの改宗者ニコラオを選び出した。
9-2
2 ダマスカスの諸会堂への手紙を求めた。だれでもこの道に属する者を見つけたら,男でも女でも縛ってエルサレムに連れて来るためであった。

コルネリオ以前にキリスト教が異邦人にも伝わっていて改宗があったのではないですか?

閲覧数:
206
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sec********さん

2012/7/1317:24:50

私の質問だから答えます。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1474485149
ペンテコステのときはどうかな。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

blv********さん

編集あり2012/7/1412:24:08

質問の意味が十分にわかっていないかもしれませんが、
答えさせてください。

異邦人がユダヤ教を経過してから、クリスチャンになるか、
ユダヤ教を経過せずにクリスチャンになるかが
問題になったことはないと思います。

当時ユダヤ人クリスチャンは、当然ユダヤ教を経て
クリスチャンになりました。
異邦人クリスチャンは、ユダヤ教を経ずにクリスチャンになりました。
問題になったのは、ユダヤ教を経ずにクリスチャンになった異邦人クリスチャンに
割礼を受けさせて律法を守らせるかどうかです。
使徒行伝によれば、割礼を受けさせて律法を守らせる必要はないという結論になりました。

また、当時多くのユダヤ人クリスチャンは、律法を守って生活していたようであり、
エルサレムにある教会の長老もそのような考えであったと思いますが、
これは正しくありません。

クリスチャンは一つの基準で歩むべきであり、ダブルスタンダードはよくありません。
ユダヤ人クリスチャンも
異邦人クリスチャンと同じく
律法を守る必要はないのです。
ただし、新約にも受け継がれてきている、
律法の精神・趣旨といったものは守る必要があると思います。

cav********さん

2012/7/1314:54:46

異邦人がユダヤ教に改宗しなくても直接イエスを信じるだけで救われる、と教会で公に確認されたのは、使徒15章の「エルサレム会議」の段階です。それまでは、異邦人は一旦ユダヤ教に改宗することが暗黙の条件だったでしょう。それに対して異邦人への宣教と彼らの直接入信を推進していたのがアンテオケ教会であるわけですが、彼らが例外的な存在だったのであり、だからこそ先述のエルサレム会議が開かれたわけです。

最初の純異邦人信徒はやはりコルネリオでしょう。前例のないできごとだったからこそペテロに同行してきた人々は驚いたわけです。そして、12使徒の筆頭であるペテロが認めたからこそ他の信者たちも納得せざるを得なかったのです。したがって、ペテロがコルネリオを導いた以前に、ユダヤ教への改宗を経ることなく異邦人が直接入信を認められた事例は、無かったと思います。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる