ここから本文です

時効の遡及効について教えてください。

kak********さん

2012/7/1423:27:23

時効の遡及効について教えてください。

時効には遡及効がありますが、保証人のみが支払いをしており、主債務について時効が完成し、主債務者と保証人が援用した場合、保証人が支払ったものは不当利得とならないのでしょうか。保証人の支払いは主債務の時効中断事由にならないので、保証人が支払い続けても主債務の時効が完成することがあるようです。そうすると保証人は主債務の時効が援用できますが、時効の効果が遡るのであれば、消滅した債務について支払っていることにならないのでしょうか。

閲覧数:
1,226
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

zac18617さん

2012/7/1921:30:18

債権の消滅時効の話ですから、現時点で残存している債権について起算日から存在しなかったことになる、ということです。
そりゃそうですよね。保証人が弁済しているのに主たる債務者に債務が全額残っているわけがありません。
なので保証人が主たる債務の時効を援用しても、残額だけが時効消滅します。
保証人は自分が履行した保証債務については主たる債務者に求償することになります。

質問した人からのコメント

2012/7/21 00:27:59

なるほど目からうろこです。こんな変な質問に回答していただき感謝感激です。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる