ここから本文です

金ヶ崎の退き口で羽柴秀吉が自ら名乗りをあげ殿軍を努めた話は実話ですか?

coolcool4191さん

2012/7/1815:55:42

金ヶ崎の退き口で羽柴秀吉が自ら名乗りをあげ殿軍を努めた話は実話ですか?

閲覧数:
6,086
回答数:
3
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2012/7/1821:19:32

「信長公記」には「4月28日、木下藤吉郎を殿軍として金ヶ崎城に残し・・・」

後日、信長は秀吉の働きに対し黄金30枚を褒美に与えたといいいますので、事実だと思われます。

秀吉は自ら殿を志願したといわれますが、実際は信長は秀吉の他に摂津守護の池田勝正、明智光秀の二名を殿に指名したといいます。

「金ヶ崎の退き口」といえば、秀吉の活躍が大きく喧伝されていますが、最近の研究では「金ヶ先の退き口」の殿軍は池田勝正が主力だったといわれます。彼が率いる摂津勢3000人が参陣しており、それに秀吉と光秀も殿の重責を果たしたようです。

ただ池田勝正、明智光秀はともに没落しており、手柄は秀吉の一人占めというふうになったのではないでしょうか。

なお家康については、「徳川実記」「寛永諸家系図伝」に加わったとなっていますが、一次史料には家康の参加はありません。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

hjxy1045さん

編集あり2012/7/1821:31:07

第一級史料の信長公記に、

木下藤吉郎を金ヶ崎城に残した、と書いてます。
名乗りをあげたとは書いてません。

名乗りをあげた、という信頼される史料は無いらしく、
また、徳川家康の参加も史料は無いらしいそうです。

また、池田勝正や明智光秀が加わったいた可能性も高く、
秀吉が金ヶ崎の「大将」だったかは、はっきりとしないようです。

プロフィール画像

カテゴリマスター

2012/7/1817:53:45

一応、この功により信長から褒美をもらった事から事実であるとされています。秀吉自身も後年、手紙などの形で金ヶ崎殿軍に触れていたのではなかったかと思います。
家康も共に殿軍にいたというのは、怪しいようですが秀吉はいたという意見が多いようです。
ドラマ・小説ではかなりの見せ場なので秀吉ファンとしては、史実であってほしいと思います。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。