ここから本文です

マウンテンバイクのルック車でいつも歩道走ってますけどハンドル巾が60センチ超...

l_l********さん

2012/7/2023:16:30

マウンテンバイクのルック車でいつも歩道走ってますけどハンドル巾が60センチ超えると歩道走ってはいけないそうですが

ハンドル自体は60センチとしてもそれにバーエンドや端部に付けるミラー付けると60センチ超えるのですが、ハンドル自体が60センチならいいのですか。それともダメなのですか。

現在はバイク用ハンドル+バーエンド+グリップストッパー用のワッシャー付けて巾66センチ有ります。

補足違反すると誰が取り締まってどういう罰則が有るのですか。

ハンドル端部にバックミラー付けて歩道走ってる奴よくいるよ、あきらかに60センチ超えてると思うんだけどさ。
そんなことで検挙されてるの見たこと無いなぁ。

歩道,ハンドル自体,ワッシャー,マウンテンバイク,ハンドル巾,takavero,第六十三条

閲覧数:
787
回答数:
5
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

can********さん

2012/7/2115:06:06

気にする必要なんてない警察は仕事しないから検挙されてるのを見ないんだよ。

質問した人からのコメント

2012/7/21 16:08:08

笑う そうですね。 何か言われても知りませんでしたってトボケてりゃいいですね。
悪意も無いしゴメンネゴメンネェ~って謝ってりゃ見逃してくれるんじゃないですか。

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ohr********さん

2012/7/2107:20:28

夜中に走っていたら、歩道に上がれと警官に言われたことがある。
それ以来、わざわざDH用の巾広いハンドルを使っている。
歩道なんか走りたくないから。

違法が気になるんだったら、こんなとこでグチグチ言ってないで
その場で警察に通報すればいい。
ただ、自転車の場合クルマと違って即赤キップだから、警官も腰が重いけどね。

sak********さん

2012/7/2102:47:17

装備のサイズも含めての車幅なので、60センチを越えた物は、普通自転車では無くなります。どの様な時でも、乗車で歩道の通行は出来ません、通常は違反を指摘されたり、検挙されたりはしないと思いますが、事故の時は厳罰が待っています、通常より多くの賠償金など負担する必要が有ります。

fds********さん

編集あり2012/7/2101:29:57

車幅になるのでNGです。
罰則は「二万円以下の罰金又は科料に処する。」ですね。

ただし、よほど悪質でない限り実際は検挙されません。



関連法は以下の通りです。


■道路交通法
(普通自転車の歩道通行)
第六十三条の四 普通自転車は、次に掲げるときは、第十七条第一項の規定にかかわらず、歩道を通行することができる。ただし、警察官等が歩行者の安全を確保するため必要があると認めて当該歩道を通行してはならない旨を指示したときは、この限りでない。
一 道路標識等により普通自転車が当該歩道を通行することができることとされているとき。
二 当該普通自転車の運転者が、児童、幼児その他の普通自転車により車道を通行することが危険であると認められるものとして政令で定める者であるとき。
三 前二号に掲げるもののほか、車道又は交通の状況に照らして当該普通自転車の通行の安全を確保するため当該普通自転車が歩道を通行することがやむを得ないと認められるとき。
2 前項の場合において、普通自転車は、当該歩道の中央から車道寄りの部分(道路標識等により普通自転車が通行すべき部分として指定された部分(以下この項において「普通自転車通行指定部分」という。)があるときは、当該普通自転車通行指定部分)を徐行しなければならず、また、普通自転車の進行が歩行者の通行を妨げることとなるときは、一時停止しなければならない。ただし、普通自転車通行指定部分については、当該普通自転車通行指定部分を通行し、又は通行しようとする歩行者がないときは、歩道の状況に応じた安全な速度と方法で進行することができる。
(罰則 第二項については第百二十一条第一 項第五号)

第百二十一条 次の各号のいずれかに該当する者は、二万円以下の罰金又は科料に処する。
五 第十七条の二(軽車両の路側帯通行)第二項、第十九条(軽車両の並進の禁止)、第二十一条(軌道敷内の通行)第一項、第二項後段若しくは第三項、第二十五条(道路外に出る場合の方法)第一項若しくは第二項、第三十四条(左折又は右折)第一項から第五項まで、第六十三条の三(自転車道の通行区分)、第六十三条の四(普通自転車の歩道通行)第二項又は第七十五条の七(本線車道の出入の方法)の規定の違反となるような行為をした者


■道路交通法施行規則
(普通自転車の大きさ等)
第九条の二 法第六十三条の三 の内閣府令で定める基準は、次の各号に掲げるとおりとする。
一 車体の大きさは、次に掲げる長さ及び幅を超えないこと。
イ 長さ 百九十センチメートル
ロ 幅 六十センチメートル


>takaveroさん
第十七条だけでは、大半の方がされている歩道走行についての説明
よびなぜに60cmを超えるとダメなのかが説明しきれないため
60cmを超えると上記、「道路交通法施行規則」による「普通自転車」に定義されないため
歩道走行が認められる「第六十三条の四による普通自転車として認められない」と伝えたかったのです。

確かに違反内容としては第十七条であり罰則は第百十九条となりますね。

tak********さん

編集あり2012/7/2100:08:19

ハンドル幅ではなく、自転車全体の幅が60cmを超えるとアウトです。もし幅65cmの荷台をつければハンドルが50cmでも歩道は走れなくなります。幅が66cmあるならダメです。違反です。

補足
第十七条 車両は、歩道又は路側帯(以下この条において「歩道等」という。)と車道の区別のある道路においては、車道を通行しなければならない。

第百十九条 次の各号のいずれかに該当する者は、三月以下の懲役又は五万円以下の罰金に処する。
二の二 第十七条第一項から第四項まで(注略)の規定の違反となるような行為をした者

取り締まるのは警察です。が、実際に取り締まられるかどうかは警察官個人の裁量に委ねられているのが実際です。これは自転車に限った話ではないのは質問者さんも分かると思います。制限速度を超えているのに見逃されている車はいくらでもありますよね。軽微な事件でも全てを取り締まるほど警察官は暇ではありませんから、個々人の良識に期待しているのでしょう…万が一事故を起こせば、裁判で不利な証拠として本人に返ってくるわけですし。

違反車両が歩道を走っているのが気になるなら、わざと轢かれてみるのはどうでしょうか。相手は歩道走行が認められていない「車両」ですから、裁判では過失相殺は行われず賠償金を勝ち取ることができますよ。


>fds3_95yさん
それは「普通自転車」の場合です。幅60cmを超えると普通自転車ではなくなりますから、63条の4は適用されません。121条も(普通自転車でない)軽車両が歩道を走ることについてはノータッチです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる