ここから本文です

土地家屋調査士事務所のものです。 隣地土地所有者から本人へ行き着くまでの調...

srg********さん

2012/7/2511:23:45

土地家屋調査士事務所のものです。

隣地土地所有者から本人へ行き着くまでの調査方法にクレームをつけられました。

内容は隣地登記情報でS54に土地所有者として登記してありました。

所有者死亡可能性また、土地バブル時期の分譲地と言うこともあり、他の隣地は競落等問題ありそうな物件だったので、その所有者登記上の住所の土地登記も取り確認したところ平成17年に売買されていたため住んで無いと考え、また住民票も5年保管なので、その後の足取りが捜査不能になりました。

しかしその売買された登記情報の中に平成15年に同じ苗字で住所の違う人が売買予約が登記されていたので親族だと思いお手紙を出しました。

結果その方は息子様で、所有者である父親に資料を渡してくれたのですが、その父親が弁護士なら直接私の現住所まで調査できるはずだ。なんで息子に書類を送るんだと文句を言われております。

弁護士なら5年超経過した、住民票を請求できるんですか?

また、その他の方法で直接本人の居住所が調査出来るんですか?

補足wedfgfggtさん
回答ありがとうございます。
当時の住所イコール現在本籍地って発想は無かったですが戸籍附票も転籍時5年保管てことですがwedfgfggtさんの場合は5年以上さかのぼれるですか?
反応見てるとお手紙を送るより
第三者の手がかりのお宅を突然訪問がベターってとですね。
どっちにしても事情は説明しないと本人の連絡先なんて教えてもらえないけどw
無論電話番号調査は真っ先にやりますよ

閲覧数:
3,109
回答数:
3
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hen********さん

2012/7/2606:39:45

登記されている最終所有者は、所有者が公示する意志をもって登記しているから、いろいろな可能性を自分で勝手に判断しないで、まずそこへ書面を送付することです。
そこから全てが始まります。事務所の先生も同じことをおっしゃるはずなので、聞いてみられたらよいと思いますよ。
郵便局に転送先のデータが残っていれば、そちらに転送してくれますしね。
あて先などに該当がなく返送されてきたら、それをもって「追跡調査」の理由ができることになります。
追跡調査は土地家屋調査士のポランティア業務ではありませんので、依頼先に「追跡調査開始」の是非を確認しないといけませんから。

次に追跡調査の内容ですが、はっきりといえるのは「低確率の勘が当たった」だけで調査方法としては非常にまずいですね。
ご質問内容の父親がひとつ折れてくれて「では、どのように追跡調査をしたのか」と聞かれた時に、このままの内容で話ができますか?
土地家屋調査士事務所の質を疑われてしまう結果になると思います。
除票や戸籍の附票などの調査をせず、自治体の保管義務期間だけで決め付けてしまった行動は非常によくないです。
可能性は0ではないのですから、調査すべき段取りは省略しない。これが鉄則だと先生からもお叱りを受けると思いますよ。
手を尽くしても分からなかった場合、質問者さんのイレギュラーな手法を用いても理由付けができますから、先生やその父親も理解を示してくれるはずです。

参考に、最終的には納税者を調査しますが、土地家屋調査士ではできませんので、依頼主から弁護士に調査依頼してもらうことになります。これでも分からなかったら、追跡調査は無理です。
このことをその父親は言っているのだと思います。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

chi********さん

2012/7/2516:11:11

本職が判断すれば良いことだと思いますが・・・・

私的には調査方法については間違っていないと考えます
職務上請求せずに公示されている情報で所有者にたどり着いたのですから
やり方自体に問題はないと考えます

ただし
親族と推定して手紙を出したのはNGです
親族であったとしても所有者本人でないのですから
推定した親族との間でどのようなトラブルが起きるか予測不可能です
手紙には最低限といえど所有者の情報を載せているのですから
親族でなければトラブルの種になると考えるのが普通です
最悪なのは親族ではない他人でありながら所有者の居所を知っている場合です
さらに面識はなく名前と居所だけ知っている様な状況の方に出してしまえば
トラブルは必至だったと考えます

トラブル防止のためにも訪問するなり電話で確認してから手紙を送るなり
もうひと手間かけるべきだったと考えます

今回の案件は境界立会いと推測しますから
弁護士には所有者の住民票を取得する権限がないと考えます

wed********さん

編集あり2012/7/2522:43:52

戸籍の附表とらなかったの。。。住所に本籍があった可能性は高いでしょ

当然本人の了解もないのに息子に書類渡したのはまずいですね・・・・

書類渡す前に本人の連絡先聞いて直接コンタクトとるべきでしょ



先生に相談してやったの。あまりにも幼稚

補足について

誰が現在の戸籍があるっていった?
登記上の住所に戸籍があった可能性があるから転籍していても追えるでしょ。
少なくても20年以上住民登録してたんだから。
追った先で附表とれば・・・・

逆切れでああだこうだ言ってもトラぶった言い訳にはならないよ。。。。

トラぶったことで依頼人に迷惑かけることになるからね。


>弁護士なら5年超経過した、住民票を請求できるんですか

そもそも除住民票だし、市役所が破棄しているかどうかの問題で、弁護士ならとれるのか、と疑問に思う方がおかしい。

>なんで息子に書類を送るんだと文句を言われております。

これが一番の問題だってわかっていないね。息子に連絡先聞いて直接やりとりできるよ。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる