ここから本文です

臓器提供ドナーの登録条件、過去に白血病

ane********さん

2012/8/400:11:17

臓器提供ドナーの登録条件、過去に白血病

素朴な疑問です。

わたしは、小児の急性リンパ性白血病で三年間治療をして、昨年すべての治療を終えました。

最近、臓器移植に興味を持ち、いろいろ調べています。

臓器バンクにドナーとして登録するための条件に、

「がんや感染症で死亡した患者は条件外」と書いてありますが、
例えば私が20年後、車にひかれて脳死になった場合、
希望していれば、私の臓器を移植に使ってくれるかどうか、ドクターは検討してくれるのでしょうか?
子供の頃白血病だったということで、はじかれるものなのでしょうか?

ちなみに、わたしは、骨髄移植を行わずに寛かいしました。
放射線治療はしていません。

もちろん、現実的に、白血病だった子の身体なんかいらないと思いますし、
可能でもやるべきではないとはちゃんと分かっているのですが、
なんとなく最近気になっています。

骨髄バンクや献血などは、「過去に悪性腫瘍、がんにかかった人」や「輸血、この薬を使った人」などとちゃんと書いてあるのですが
臓器ドナーについては「がんや感染症で亡くなった人」などと書いてあり、過去の病気については、白血病に触れていません。

例えば、亡くなった後、脳死じゃなくてもできる、角膜移植などなら、大丈夫なのでしょうか?

勉強不足ですみません、
興味があるので、詳しい方がいらっしゃいましたら、ご回答のほうよろしくお願いします。

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
1,425
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

pon********さん

2012/8/401:56:51

アイバンクで角膜移植に使用できるかどうか判定する条件に、眼内の癌や白血病等の方の角膜は移植に用いることはできないと明記されています。
臓器提供を申し出る方の過去の病気は千差万別で、同じ病気でも完治した方とその病気で亡くなった方を同列に扱うこともできません。薬や機材の進歩により従来は移植に用いることができなかった臓器でも使用できるようになってくる場合もあります。実際にドナーとなるのは登録してから数十年後といったケースも増えてくるとみられ、今の医学の水準で登録を制限するのも現実的ではありません。このため、近い将来の進歩によってはドナーになれるかも知れない方まで登録できるような基準になっています。

質問した人からのコメント

2012/8/5 08:29:49

丁寧な回答、ありがとうございます…!納得できました。

また、回答をよみ、角膜センターのウェブページを確認をみてみたところ、確かにアイバンクのドナー不可の条件に白血病の項目がありました。きちんと調べていなくて、恥ずかしいです…

どんどんこういった制度も進歩しているんですね。わかりやすかったです。ありがとうございました!

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる