ここから本文です

生分解性プラスチックって何ですか? ................................

aud********さん

2006/8/3118:29:23

生分解性プラスチックって何ですか?

................................

閲覧数:
767
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

chi********さん

2006/9/103:35:58

石油を原料に人工的に合成されたプラスチックは、
自然界に、それを分解できる微生物がいないので、
使用済みとなった後も、ごみとして残ってしまうので、
環境保護の観点からは、あまり良い物とは言えません。

逆に、生分解プラスチックは、微生物に分解されやすく、
自然と土に還ります。
応用として外科手術用の縫合用の糸として使うと、
人体に吸収されて、抜糸の必要がありません。

また、他の分解性プラスチックには、光分解プラスチックがあり、
紫外線を、長時間照射すると、ある程度分解する性質があるものもあり、
環境保護の観点からして重要です。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

mam********さん

2006/8/3118:34:46

人は生まれて最後は土に返るといいますが、通常プラスチックはそうは行きません。非常に安定な物質で、埋め立てても土に返らずずっとプラスチックのままです。生分解性プラスチックは地中などにいるバクテリアなどに分解されるプラスチックです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる