ここから本文です

塩化ナトリウムは分子ではないんですか?

yfs********さん

2012/8/1711:15:44

塩化ナトリウムは分子ではないんですか?

分子の定義は、「いくつかの原子が結合してできた粒子」とありますが、なぜ、塩化ナトリウムは分子とはいわないんですか?ナトリウム原子と塩素原子が交互に結合して、分子の定義をみたしていると思うのですが・・・分子の意味がよくわかりません。
詳しい方、教えてください。よろしくお願いします

補足NaとClが1、10、100個つこうが、かならず1:1の割合でついているわけで、いくつかの原子(NaとCl)が結合してできていると思うので、分子だと思うんですが・・・・

閲覧数:
11,981
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

miy********さん

編集あり2012/8/1714:39:32

塩化ナトリウムは、分子ではありません。

分子とは原子がくっついてできた(原子1個のものもあります)いわば、粒です。
たとえば、
酸素という分子は、酸素原子が2個くっついた粒で、O2と書きます。
酸素原子が3個くっついた粒は、オゾンという分子で、O3とかきます。

一方、塩化ナトリウムは 塩素原子とナトリウム原子 の割合が1:1である塊なので、
塩素原子1個と、ナトリウム原子1個が、くっついた塊でも塩化ナトリウムで、NaCl
塩素原子10個と、ナトリウム原子10個が、くっついた塊でもでも塩化ナトリウムで、NaCl( Na 10 Cl 10 とは書かない)
塩素原子100個と、ナトリウム原子100個が、くっついた塊でもでも塩化ナトリウムで、NaCl(Na 100 Cl 100 とは書かない)
となります。

わかりにくかったら、ごめんなさい。

補足
説明の仕方を、ガラッと変えます。

分子である酸素、と塩化ナトリウムは、同じ「くっついている」でも結合の種類が違います。

酸素分子は、原子と原子の間は「共有結合」という結合でつながっている粒です。

そして、酸素をすごく冷やすと、個体になり、
このとき酸素分子の粒と酸素分子の粒の間には、ファンデルワールス力、という力が働き、塊を作りますが、
これは、結合ではありません。
なので、酸素分子という粒の集まりと言えます。

一方、塩化ナトリウムなのですが、「イオン結合」という結合でくっついています。
塩化ナトリウムの塊の、
Na原子のとなりのCl原子はイオン結合でくっついていてい、そのCl原子のまたそのとなりのNa原子もイオン結合でくっついていてい、さらにそのNa原子のとなりのCl原子もイオン結合で・・・
というような感じで、すべての原子がイオン結合でつながっています。
なので、どこで分けたら分子のようなNaClの粒になるのかわかりません。
(NaとCl のところで分ければ、と思いますが、ClとNaのところで分けてもひっくり返してNaClになってしまいます。)
なので、分子にはならないと考えます。

質問した人からのコメント

2012/8/24 00:53:06

成功 お二人の方、詳しい解説ありがとうございました。いくつかの原子が結合してできた粒子にこだわりすぎていたようです。よくわかりましたー!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

tak********さん

2012/8/1801:14:44

>分子の定義は、「いくつかの原子が結合してできた粒子」とありますが、
ってとこに囚われすぎてます。

分子っていうのは上の定義を満たす物質の中でも、その分子の中に書かれてる数字が「比」ではなく、「個数」を表しているものを言います。
例えば水H2Oだったら、水素2つ酸素1つのまとまりで動き回ってます。H4O2にはなりたくてもなれません。無論、H100O50なんて形は取れません。これが分子です。

数字が比であるものは塩(えん)とか金属とかそういうものが属していて、塩で言えば、たとえばNaClがあります。
これは、NaClもあるし、Na100Cl100もありと、いろんな大きさが有り、いくらでも大きくなれ、際限がありません。これは分子とは言わないのです。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる