ここから本文です

電力会社のことについて調べてます。 昔、なぜ電力会社は九つに分かれたのか?だ...

siz********さん

2012/8/2423:10:06

電力会社のことについて調べてます。
昔、なぜ電力会社は九つに分かれたのか?だれかわかりますか?

閲覧数:
401
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

his********さん

2012/8/2500:00:45

ご質問者様

大まかな電力会社の歴史です。

電気の使用は東京電燈が明治19年に、
エジソンの直流発電機を使い、
日本橋茅場町から電気を送電したことに始まります。
この時は動力としてではなく、
ガス灯に変わる夜の明かりとして使われていました。

その後、国内産業の俗信に伴い、
国内の鉱業は効率的で純度の高い製品(銅・金・銀など)を、
製造する必要性に駆られました。
この為、鉱山の付近にダムを建設したりして、
水力発電による電気で電気精錬で各種鉱物の製造に成功しました。
松川地熱発電などもその頃に運転を開始しています。

この時はすでに直流ではなくて交流電気が、
動力に変換したり長距離送電に優れていることが、
海外から伝えられています。

余談ですが、足尾銅山の鉱毒事件、
昔は電気で銅を産出するのではなく、
化学薬品を使って銅化合物を作りこれを流通させ、
そのときにでた廃液を川に流したのが原因です。

さて次に起こったのが国内の産業革命です。
鉄などを自国で精錬して軍艦などを作る必要がありました。

そこで、全国に中小の発電会社が設立されて、
一時期は数百の発電会社が存在していました。

たとえば路面電車の会社は自前で発電所を建設し、
路面電車を走らせます。
その路線の周囲の照明用に電気を販売もしていたんです。
これが各家庭に電気が供給されるルーツとなります。

ここで合理化の波が訪れます。
いつの時代もそうですが、
この狭いのほんの中で数百もの発電会社が、
しのぎを削り始めて統廃合額理解されました。

発電所のメンテナンスを各会社でやるよりは、
一気にまとめたやったほうが効率的ですね。

これが、日本国内の主要都市を中心に起こり、
結果的には工業地帯ごと、
北海道・本州・四国・九州の送電線の連系が必要がなかったことから、
明治後期から大正にかけて現在の9電力体制が確立されました。

昭和に入り、戦争が激化してゆくと、
軍需産業は民間管理ではなくて、
事実上の国有化されてゆきます。
これに伴い電力会社も軍需産業に傾注するべく、
日本発送電会社としてずべての電力会社が国有化されました。

さて、周波数の違いは僕のノートを見てください。

太平洋戦争に伴い、たくさんの工場や重要な火力発電所が破壊され、
昭和1945年8月15日に敗戦を迎えます。

その後日本の統治を行うため、
マッカーサー元帥率いるGHQが乗り込んできます。

その中で日本発送株式電会社は元の9電力会社に分割されました。

そうこうしているうちに、
日本には朝鮮戦争による特需が発生します。
瞬く間に必要な電気が足りなくなります。
しかし、各電力会社はいきなり発足しても、
自社資金や外資による援助なくして発電所は建てられません。

そこで、日本国が発足したのが電源開発株式会社です。
特殊法人として発足してオイルショックを海外炭輸入計画で乗り切り、
現在、国内最大の卸売電力会社として民間企業となっています。

朝鮮戦争の特需を支えるべく、
日本国は国費を投入して電源開発に、
佐久間火力発電所(水力)の建設や、
暴れ天竜といわれた天竜川水系の開発を急がせました。
この時、アメリカから大量の重機を購入し、
突貫工事を敢行して発電所の建設を進めました。

その後、9電力会社も民間企業としての実力をつけ、
大型水力の開発と石油火力・国内炭火力を建設してこれを支えました。

さて、東京都や大阪府が、
各地域の電力会社の株主であることは知っていますね。
これ、都電や大阪府電が昔発電所を自前で運転していたのですが、
各電力会社に発電設備を売却したから株主なんですね。

さて次に問題になったのが、各地域での電力融通です。
東北電力と東京電力は、
周波数帯も同じことから昔からお互いに電力融通関係にあったのですが、
北海道・四国・九州と本州の電力連系、
ならびに、周波数の違う西と東の連系については、
やはり、電力会社お互いの面子もあったのか、
話には上がりますが実現しませんでした。

それを解消したのも特殊法人である電源開発でした。
基本、国策で動いていた会社ですし、
財政は国が担保してくれるものですから、
各電力会社は文句は言いません。

これにより現在の電力系統が完成したわけです。

しかしそれにより、
四国の伊方原子力発電所や北海道の泊原子力発電所、
北陸電力のしが原子力発電所など、
大消費地点のために押し付けられた発電所、
といわれる所以でもありますね。

だいぶ話がそれました。

ご不明な点があればご質問をください。

ご参考になれば幸いです。 hisa

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

min********さん

2012/8/2423:28:10

グーグルに「日本発送電」と入力して検索でお調べください。
ウィキペディアの日本発送電がグーグル検索の一番頭にでてきます。
全文を読んで日本の電力史の流れを理解すると分かりやすいと思います。


http://ja.wikipedia.org/wiki/日本発送電

日本発送電株式会社(にほんはっそうでん)とは、1939年(昭和14年)から1951年(昭和26年)までの間に存在した日本の電力事業を司った特殊法人である。国家総力戦体制を構築しようとする当時の日本政府の電力国家管理政策に基づき、東京電燈・日本電力など全国の電力会社の現物出資や合併によって設立された半官半民のトラストである。

mik********さん

2012/8/2423:26:15

松永安左江門 福沢桃介 の伝記をネットで探して読んでください。

http://www.geocities.co.jp/CollegeLife/3860/biografias/yasuzaemon2....
このサイトの15章参照

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる