ここから本文です

下死点、上死点についてお尋ねします。 リンク機構において両者はどのように定義...

kag********さん

2006/9/1514:26:32

下死点、上死点についてお尋ねします。
リンク機構において両者はどのように定義されるのでしょうか?
手元の機構学の教科書では死点あるいは思案点の定義はありますが
下死点、上死点には説明がありません。
単純に下にある死点、上にある死点、と解釈して良いのでしょうか?
ご存知の方教えてください。

閲覧数:
1,722
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

cla********さん

2006/9/1721:39:59

リンク先から遠いほうが上死点。近いほうが下死点だったかと。

質問した人からのコメント

2006/9/18 15:59:20

成功 平行運動の下死点、上死点が不明でした。簡潔なお答えありがとうございます。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

sn7********さん

2006/9/1609:54:09

円運動を垂直上下運動に変換する機構(プレスやビレットシャー)
垂直上下運動を円運動に変換する機構(ピストンシリンダエンジン)
等の場合で、垂直動作部の最上位置に値する円運動側角度又は位置を上死点
垂直動作部の最下位置に値する円運動側角度又は位置を下死点
と普通に呼んでいます
(機構構造によっては円運動側の上部が上死点、下部が下死点となるとはかぎらない)

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる