ここから本文です

胃がん、腹膜播種について教えてください。

hiihiisanさん

2012/9/611:47:24

胃がん、腹膜播種について教えてください。

先日、父が癌の手術を行いました。
そこで下記の症状及び、余命半年~1年と宣告されました。
家族として、父には少しでも長く生きて欲しいと思っております。
腹膜播種に対しての手術は出来るのでしょうか?
また、治療は出来るのでしょうか?

父は68歳でステージⅣと診断されています。

下記が主治医の先生と話をした結果になります。
少しでも情報があれば、教えてください。

①胃がんの件
胃から癌細胞がこぼれ落ちて腹膜に大量の数が転移している(腹膜播種)。
胃を摘出するだけでは腹膜に付着している癌細胞は取れない。
よって胃だけを摘出しても、生存確率は変わらないとの事。
胃を取るリスク(出血や縫合不全)を考えたら取るのは難しいとの事。

②大腸がんの件
大腸に2箇所の癌(S状結腸癌)
まだ初期の癌のため摘出できた。
胃癌からの転移ではないとの事。

③今後の治療方法
抗がん剤治療を考えている
いろいろと組み合わせを変えて試してみるとの事。

④家族の意見
癌を手術で取り除きたい。
無理なら温熱治療等の他の治療方法を試してみたい。
他の病院を紹介していただく。

補足ネットで検索すると、大阪、岸和田病院、滋賀、草津総合病院
で腹膜手術を行っているそうですが、一般的な手術ではないのでしょうか?

また、余命半年とか1年て診察されてるのに、長生きしている方々は何故でしょうか?

わかる範囲で教えてください。

閲覧数:
79,076
回答数:
3
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

docterhawkさん

2012/9/702:59:54

腫瘍内科医です。

腹膜播種をきたした癌は遠隔転移をきたしている場合と
同等の予後であると考えられています。
胃癌の場合、標準的な化学療法を行って生存期間中央
値が12か月前後です。

>一般的な手術ではないのでしょうか?

先の回答にあるように、腹膜播種している場合完全切除は
達成できないため、手術を行う意義はありません。
患者さんの体力をそぐだけで予後は変わりません。

ただ、胃からの出血や大腸がんでイレウスを起こしている場合、
手術で胃や大腸を切除するのが唯一の救命方法である、という
シチュエーションに稀にですが遭遇します。そのような場合は
救命=今すぐ死なない事 を目標に手術を行う事があります。

>余命半年とか1年て診察されてるのに、長生きしている方々は
>何故でしょうか?

医師が余命を判断する際、同じ病状の患者さんの生存期間中
央値を説明します。50%がその期間までに亡くなる、というもの
です。
当然、中央値より長く生きる残り半分がいるわけで、もっとも長い
人では2年近く生きている、。というケースさえあります。
余命宣告=近い将来死ぬことが分かっている、という事であり、
腹腔内臓器で腹膜播種をきたしていれば再発は必至、ほぼ確実
にがんで命を落とすだろう、と考えられるので余命~7ヶ月、という
話になるわけです。

温熱療法は化学療法よりも効果が高いというものではありません。
なので、まずは主治医の進める通りの化学療法を受けてみては
いかがでしょうか。

「胃癌 腹膜播種 余命」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kuchijir0さん

2012/9/1015:41:12

>腹膜手術を行っているそうですが、一般的な手術ではないのでしょうか?
通常のレジメンやエビデンスからは全く外れている手術です
先のお二方が完全に否定されてる通り一般的ではありませんので
通常の医師には勘違いされてる手術法とも言えます

但し、私の知る限りでは原発部が胃と大腸は聞いた事が無いので
手術が適応になるのか?完治する可能性があるのか?は分かりませんが
通常の腹膜播種の場合と言う言い方も変ですが
(通常は腹膜播種と言えば余命宣告が出る末期の事になりますので)
胃がん、と大腸がんの場合でも5年生存率は30%程度の実績が出ています

ただよく覚えておいた方が良いのが
先にも書きましたがレジメンやエビデンスからは全く外れている手術
つまり米村医師の手術を受けた場合
99%以上の病院は術後管理は全く診てくれません
地域医療専門の小さな総合病院で緩和ケアと延命治療、これが精一杯なので
岸和田、草津、あと静岡県の三島(池田病院)
この3病院に通院出来ず、尚且つ完治出来なかった場合には
ご本人は勿論、ご家族の方にもそれ相応の負担が掛かる事は覚悟して下さい

ただ紛れも無い事実として
米村医師の手術を受ける以外に治る道はありません
それがお父様にとって良い選択であるか、最悪の結果になってしうか
それは誰にも分かりません
セカンドオピニオンの予約だけはして、一度お話を伺ってみてはいかがですか?
因みに、静岡の池田病院は月1で診察はしますが手術は行いません

プロフィール画像

カテゴリマスター

tnmouse1945さん

2012/9/612:31:53

残念ながら・・・腹腔内への癌細胞播種性転移・・・
胃癌が胃壁を突き抜けて腹腔内にまで広がった・・・
その結果癌細胞がまさしく「種をまき散らす」ように
広がってしまう事を云います

そうなると体内のあらゆる所に転移しても不思議ではありません
手術で撮りくることは全く不可能な状態です

抗ガン剤などの治療に頼るしかありませんが、
何処までそれが有効か???

大腸がんは本当に胃癌の転移ではないのですか?
胃と大腸に時期はずれても同時に癌が発生するのは
やはりかなり稀な事なのですが・・・

手術が適応外と言う事で投薬しての治療・・・
病院を変わっても、あまり大きな差異は無いと思います
手術と違って「技術」的な差がないですから・・・

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。