ここから本文です

安息香酸、トルエン、ニトロベンゼン、アニリンを含むジエチルエーテル溶液を分液...

ha_********さん

2012/9/2220:16:53

安息香酸、トルエン、ニトロベンゼン、アニリンを含むジエチルエーテル溶液を分液ろうとに入れた。
これに希塩を加えてよくふったのち静置したところ2層に分離した。
このうちエーテル層をとり、水酸化ナトリウム水溶液を加えよくふったのち静置したところ2層に分離した。
このときの上層に主成分として溶けている化合物の構造式を記せ。

どうすればいいのかわかりません(>_<)
よろしくお願いします。

閲覧数:
1,114
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

gol********さん

2012/9/2221:36:25

安息香酸は酸性、アニリンは塩基性、トルエン・ニトログリセリンは中性です。

希塩酸を加えたとき、水層に存在するのは、塩基性であるアニリン(このときアニリン塩酸塩の状態)。
そのあとのエーテル層にある3つの物質のうち、水酸化ナトリウムと反応するのは酸性物質である安息香酸で、それは水層に含まれる。

基本的にはエーテル層が上層になるので、最終的に上層に溶けている化合物はトルエンとニトロベンゼンの2つです。

質問した人からのコメント

2012/9/24 16:18:38

ありがとうございました(^_^)
よくわかりました(*´∇`*)

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる