ここから本文です

犬や馬と性交している女性の動画を見たことがあります。実際膣内で射精された場合...

gallant_matchlessさん

2012/9/2309:50:10

犬や馬と性交している女性の動画を見たことがあります。実際膣内で射精された場合、妊娠する可能性はあるのでしょうか?

仮に種が違うとか、遠いという理由で妊娠しないのであれば、チンパン

ジーなど種が近ければ妊娠する可能性はありますか?

閲覧数:
2,090,481
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

peteys_headさん

2012/9/2315:03:51

ほとんどないですが
ちょくちょく獣姦でこうなったんじゃねぇのみたいな事例はあります
http://blog.livedoor.jp/weekchange-beronupes/archives/50992592.html
http://blog.livedoor.jp/weekchange-beronupes/archives/50897327.html
画像もあってややグロイので
閲覧注意です

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2012/9/2314:53:54

正解は、先にご回答されている方の通りなのですが、興味深い話がありましたので、申し添えます。

真偽の程は分かりませんが、医師や学者の間で、公然の秘密となっている、人類と交配可能な類人猿が存在する、という話を聞いたことがあります。
染色体の数や様子が異なる、といっても、全て「試した」訳でもないと思われますが。 (結果のことを考えると、「実験」は、おいそれとはできない) (また、ネコ科の猛獣や、ウマなどでは、かなり様子の違う種類同士での交配例があります) (犬、猫や、金魚の種類みたいなものだ、と言われれば、その通りかも知れませんが)
また、過去の歴史からみて、「人類」という範疇は、どんどん拡大してきたのも事実です。
人種の問題や、奴隷の問題、などですが、例えば、一般の白人からみて、有色人種や非定住民族や奴隷などは、「人」ではなく、結婚などは考えられなかったはずですが、時代と共に、「人」の範囲は広がってきています。
また同時に、一旦「人類」と認められれば、そこには、神聖で強大な権利が生まれつき付与されている、というのが現代社会の基本的な合意事項ですから、どこまでを「人類」とするのか、は、大問題と言えるのではないでしょうか。
日本でも、かつては、七歳以下と七十歳以上とは、もはや「人」ではない、という考え方(話が通じないので、取り扱いが困難)があった、ということを言っている人もおりますし、不幸にして、病気や畸形となってしまった場合(かつては産婆がこっそりと間引きをしていた)は、どこまでがどうなるのか、とか、生まれつき、「神」とされているような立場はどう扱われるのか、とか、いわゆる愛玩動物は、「物」なのか「人」なのか、といった問題など、現実には厄介な問題があちこちにあるようです。
更に最近では、ある特定の類人猿の教育に非常に熱心な女性学者がおるそうですが、もし、その研究対象の「青年」が、将来、努力の結果、人類としての自我に目覚め、その女性学者に「結婚」を申し込んできたら、どうするつもりなのでしょうか。
かつての時代であったなら、例えば、お姫様と奴隷とは、結婚できないのよ、で説明がついたように思われます。
「人類」という範疇は、一見、固定されているように見えますが、実際には、緩やかに揺らいでいる、というのが相当ではないでしょうか。
今、我々が、類人猿を見る目は、かつて、白人が有色人種を見ていた目と、一体どこが違うのでしょうか。

本件は、戯言として読み捨てて下さい。
失礼致しました。

kamesen11さん

2012/9/2312:22:45

染色体が違うから妊娠しません

人間以外妊娠する染色体は今の所無いです

その内地球外生命体が来るかも

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。