ここから本文です

地上権による宅地の貸借は少なく、賃借権による土地の貸借が多いようですが、 借...

ina********さん

2012/10/120:24:14

地上権による宅地の貸借は少なく、賃借権による土地の貸借が多いようですが、
借地借家法により不動産賃借権の物権化が進み、地主が賃借権で土地を貸すことを渋るようになり
定期借地権などが増えたようですが、

「地上権による貸借」、「賃借権による貸借」、「定期借地権による貸借」が、それぞれどのくらいの割合なのでしょうか。
きっちりでなくていいので、おおよその割合が分かる方教えてください。

閲覧数:
138
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

cat********さん

2012/10/212:48:49

実務をてがける印象ですが、1:8:1くらいです。
既存の権利としては、数で言えば賃借権が圧倒しているように思います。

質問した人からのコメント

2012/10/5 22:18:41

分かりました。どうもありがとうございました。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる