ここから本文です

国産ブレーキについて

i11********さん

2012/10/611:23:46

国産ブレーキについて

輸入車やブレンボ装着車はブレーキダストが沢山でますが
国産のブレーキメーカーの物でも高性能な効きの良い物はやはり
ブレーキダストは凄いのですか?

閲覧数:
512
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tor********さん

2012/10/612:30:27

純正でガンガン汚れるようなものはほとんどないんじゃないかな。
オプションで用意されているモノ、……たとえば、マツダで言えばオートエグゼの製品はめっちゃくちゃ汚れるとのこと。(ものによるけど)

質問した人からのコメント

2012/10/10 09:07:57

降参 分かりやすく説明有り難うございます。

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

cur********さん

2012/10/623:15:16

ドイツのアウトバーンでは時速200kmから100kmへの急減速などという場面があります。
つまり瞬時に100km減速という過酷な状況に合わせてブレーキが作られています。
しかし日本では全くそういう事態を想定していません。
どちらかというと低速でのストップアンドゴーで快適なブレーキングができるようなセッティングです。
ドイツ仕様そのままでは低速でのスムーズな運転を考えていないので日本では走りにくく感じることもあるでしょう。

スポーツ走行を楽しんでブレークダストでクレームが出ないような国産車ではダストの多いものがあります。
しかしこれをもって高性能と言えるのかどうかはわかりませんね。

nek********さん

2012/10/611:41:09

国産車でも、ヨーロッパ向けやスポーツ仕様はダストが多めです。
日本向けは、効きより鳴き、ダストの少ない方向に振っています。
耐フェード性等はヨーロッパ向けに比べると格段に落ちますよ。
しかし、日本の道路を普通に走る分には十分な訳です。

kir********さん

2012/10/611:40:06

素材に大きく左右されます。国産でも素材に注目する必要がありますね。

効きの良いブレーキとブレーキダストはある意味で相関があります。

ブレーキパッドとローターは削れることで摩擦しています。

減速エネルギーの総和を100とした場合、ローターとパッドが50:50の場合や70:30、30:70などの場合があり、その比率の違いでローターが減りやすかったりパッドが早く減ったりします。

ざっくり表現すると減りやすいローターと減りやすいパッドの組み合わせが一番効くブレーキシステムということです。
当然ダストも多く発生します。
ドイツ車などは鋳鉄ディスクと効きやすいブレーキを組み合わせていることが多く効きが良い反面、ブレーキローターも消耗品扱いだったりします。

しかしブレーキ鳴きが発生しやすい為に神経質な日本人にはクレームに繋がりやすいために材質を変更して鳴きにくく、かつ効きもある程度確保したものが多いです。

話しは前後しますが高性能=強力なストッピングパワーということでいえばダストは多い理屈となりますので国産とはいえある程度覚悟しておいた方が無難でしょう。

私の車はスポーツ系でありホイールは白ですので特にダストは目立ってしまい困りものですね。固着する前に取り去らないと変色します。

shi********さん

2012/10/611:33:07

ダストの量は、ブレンボなどのキャリパーによるものではなく、ブレーキパッドによるものです。

ダスト量の少ないパッドを付ければいいだけです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる