戦闘機と爆撃機また、戦艦とイージス艦の違いはなんですか? わかりやすく説明してくださいお願いします。

戦闘機と爆撃機また、戦艦とイージス艦の違いはなんですか? わかりやすく説明してくださいお願いします。

国際情勢286閲覧

ベストアンサー

0

戦闘機:飛行機と戦う飛行機。高速・敏捷で、かつては機銃のみ、現代は機銃と対空ミサイルを装備する。 最近はマルチロール機や戦闘攻撃機、戦闘爆撃機と言って、小型爆撃機としても使える機種が多い。 比較的小型なため、航続力は低め。 爆撃機:爆弾を落として地上への攻撃を行う飛行機。 忌まわしきB-29は大型の戦略爆撃機と呼ばれる種類。 爆弾は重量物なので、得てして鈍重になりがち。そのため、戦闘機は最大の天敵。 小型のものは攻撃機と呼ぶ場合もあるが、境目は曖昧。 物によっては対地・対艦ミサイル(爆弾と同じく重量物)や自衛用の対空ミサイル(射程は短い)を積める。 戦艦:巨大な(口径20.3cm以上)大砲を主砲として多数(一般的に8門以上)搭載し、なおかつ自艦主砲弾の直撃に耐えうる重厚な装甲を(例外あり)施された砲戦専門の大型の軍艦。 高いコスト、絶望的な取り回しの悪さから、一部が記念艦として保存されている以外は絶滅。 ルーツは全く違うが、攻撃力はそのままに、装甲を減らして機動力を強化した巡洋戦艦という亜種がいる。 イージス艦:アメリカの開発した高性能防空システム、「イージスシステム」を搭載している軍艦の総称。 最強の軍艦というイメージがあるが、あくまで防空主体の護衛専門家なので、自身の戦闘力自体は並。 主に駆逐艦クラスだが、巡洋艦クラスもいる。 ちなみに、巡洋艦とは何でもできる中型の軍艦で、平時は植民地支配や哨戒任務、戦時は大型艦や輸送船等の護衛や艦隊指揮、偵察等を行う。単独行動も可能な万能艦。 駆逐艦は小型・快速な艦隊の便利屋で、巡洋艦以上に取り回しが良い。ただし単独では戦闘力はかなり低い。航続力も弱く、武装も軽量なもののみ。 最近は大型化と、ミサイルの発達による武装の強化が進んでいる。 最近は巡洋艦と駆逐艦の境界線はほとんどなくなってしまったため、現代ではあまり意味の無い区別。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

まさか巡洋艦と駆逐艦まで説明してくれるとは(聞いたことあるだけ) ありがとうございます。

お礼日時:2012/10/8 11:29

その他の回答(2件)

0

戦闘機 友軍機以外の航空機を排除する軍用機。 爆撃機 爆弾を基地や工場に投下する軍用機。 戦艦 口径270mm以上の主砲を多数装備して、同型艦の主砲に耐えられる装甲を備えた軍艦で、 主に砲艦外交で相手の国に自国の要求を飲ませたり、 敵水上艦を主砲や副砲で砲撃したり、上陸作戦前に敵陣地を主砲で艦砲射撃をしたり、 艦隊の旗艦になったりして艦隊の指揮をとり、空襲に来た敵機を対空砲で迎撃したりと味方の空母の護衛をします。 現在では新たな戦艦を建造したり、未だに戦艦を運用している海軍は存在していません。 イージス艦 アメリカ製の防空システムとフェイズドアレイレーダーを搭載した防空艦で、 大きさはフリゲートから巡洋艦までさまざまなサイズがあり、 現在稼動ないし建造中なのはフリゲートと駆逐艦が大半で、 現在稼動ないし建造中のイージス艦では200の目標を探知して、12の目標を対空ミサイルで迎撃が可能で、 (冷戦期のイージス巡洋艦では16の目標を対空ミサイルで迎撃可能) アメリカかアメリカ製の兵器が買えるアメリカの友好国でしか保有が出来ません。

0

戦闘機 対空ミサイルを装備して戦闘機と戦う飛行機 爆撃機 重い爆弾を積むことに特化した飛行機なので輸送機などと違い細い機体が多い 戦艦 分厚い鋼鉄製で覆われた物凄く硬い船体に巨大な砲台を搭載した船 イージス艦 ハイテクノロジーが詰まった巡洋艦クラスまたは駆逐艦クラスで音速を超えた飛行物体を砲弾で次元大輔のように撃ち落とすことができるらしい