ここから本文です

縄文時代には、10人前後で小さな草ぶきの家に住んでたそうです。 このときに、...

sum********さん

2012/10/2720:23:44

縄文時代には、10人前後で小さな草ぶきの家に住んでたそうです。
このときに、その人々を指揮(支配)したり、まとめあげたのはどのような人なのでしょうか?

閲覧数:
479
回答数:
5
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

qqm********さん

2012/10/2720:35:31

丸山三内遺跡でみっかった集合住宅の規模でしたら、他の地域との交易があり、すでに自然界からの採取だけでなく、自然下の苗を家の近くに植えて食糧としていたので、管理も含めて、統率するものがいてもおかしくありません。

しかし、そのような大集団に入れなかった縄文人は、家族単位で生活していたようです。
あるときは、複数の家族が集まったりもしていたようです。
狩猟生活である限り、一番ハンティングの才能がある人でしょう。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

gra********さん

2012/10/2800:30:32

竪穴式住居は実は縄文時代から平安時代まであまり変化して無いと今では考えられています。
構造も再現物よりももっとしっかりした構造だった可能性が高く、幾つかの遺跡からは壁や床の構造体も見つかってる事から研究が進めば全く違う構造になる可能性もあります。
また秋田の黒又山は日本のピラミッドと言われる山の中で初めて本格的な学術調査が行なわれて山の構造が12段の人工物の上に土がかぶさってる事が証明されましたが同時に縄文土器の祭器なども出土していて縄文遺跡である事が分かっています。
ストーンサークルなどの調査でも実は人工の丘陵の頂上に作られたものと分かったりしていてそうした物があるという事は少なくとも集団をまとめる王的存在はいたと考える人が増えています。

aku********さん

2012/10/2721:39:00

三内丸山、チカモリ、真脇。
数十から百人以上が共同で暮らす遺跡がありますが…
そういう場所は例外と考えると、身体的に最も優れた者しか考えられません。
例外にしなければ、祭祀は女性が?というのがありますのでなんとも。

haz********さん

2012/10/2721:33:57

縄文時代はみんなが協力して狩りをしています。そして、血族主義で集団を作っていたでしょう。
となると狩りをするときに一番リーダーシップをとれる人物が指揮を執るでしょう。
しかし、まだ、支配、被支配の関係が恒常的に作られているかというと疑問です。

oni********さん

2012/10/2721:08:38

いつの世も、また何処の世界でも親子や夫婦関係が家族の単位です。
家族を纏めたり束ねたりするのは親子の順序であり、

親の意思と遺産を引き継ぐのが子の立場であって、その子が親を生産や狩猟などの経済や銭金の力で支配する事は
なかったと思います。

まして、そのような家族関係を無視して無理やり横槍を入れて
人々を指揮(支配)したりするような事があれば、争いとなった。

しかし縄文時代は、日本では争った形跡が見られない。
つまり社会の道理と公序良俗が守られた平和な時代だったと思います。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる