ここから本文です

設計図と見積書が違っていました。基礎工事ですが設計図ではコンクリート打放し撥...

ori********さん

2012/11/517:35:28

設計図と見積書が違っていました。基礎工事ですが設計図ではコンクリート打放し撥水材塗布となっております。しかし、工務店の見積書には仕上げがモルタル仕上げとなっておりました。設計士と工務店のミスなのですが 素人には図面と見積の違いなどわかりませんでした。基礎工事をやり直しをしてくれと言う事が可能でしょうか?なかなか迅速な対応をして貰えません。どうしたら良いのか考えてしまっています。宜しくお願い致します。

補足素人でとの不適切な発言を撤回致します。わからなかった自分にも責任はあります。設計士の先生が管理者で任せきってしまっていました。ご指摘ありがとうございます。

閲覧数:
739
回答数:
5
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

cos********さん

2012/11/522:10:43

お疲れ様です<(_ _)>
このごろは、とみに、その手の凡ミスというか、うっかりというか、きちんとした仕事の出来ない人間が増えているので、本当に疲れますよね。。。

ともかくも、建設工事においては、設計図よりも、それ以後に出てくる仕様書や見積書、あるいは質疑応答書、打合記録の方が優先されるのが、業務の性質上、当然なのでありまして、たいていの契約書類には、その旨がうたってあるのが普通です。
まして、ちゃんとした設計事務所の図面なら、図面の一番最初に、『設計図書の優先順位』とかいう項目があって、そのことが記載されているくらいのものです。
すなわち、なにか後出しの書類が出てきたら、その際、直ちに、可不可を決済しないかぎり、承認されたものみなされて、先へ進んで行くというのが、この業界の慣習です。
つまり、設計図面よりも、見積書の方が優先順位は高いのです<(_ _)>

順を追って考えてみますと、まず、施工業者は、設計図書のとおりに積算し、見積をおこなわなければなりません。
役所の工事なら、暇な役人が一字一句までチェックしますから、図面との食い違いは、まずあり得ません。
仮に、設計図書と違う見積を出すのなら、提出前に、設計者の承認をもらうのが習いです。
それを怠った施工業者は、間抜けとしか言い様がありませんね。。。

しかし、設計・監理を建築士に委託しておられるのなら、見積合わせを行った建築士が、提出された見積書の精査を行わなうことも業務の一部にしかすぎません。
それを怠っていた設計屋は、施工業者以上の間抜けです。。。
(施工者はタダで見積するのですが、監理者は金をもらっているのですから・・・)
見積書の精査の結果、図面との食い違いがあるなら、監理者は、直ちにそのことを、『施主』と『業者』双方に報告する義務があります。

施主は、監理者には、その辺も含めて委託しているのですから、その責任は監理者にこそあるのであって、施主には一切責任はありません。
そのことは、建築士法にも明記されている設計・監理者の「第一の義務」なのですから、任せ切ってしまって当然なのです(o_ _)ノ彡☆
それすら出来ない監理者には、報酬を払う必要は全くありません。
要するに、設計者施工者とも、だらけているとしか言い様が無いですねo┤´Д`├o

ただ、幸いなことに、設計図面の打放よりも、見積のモルタル仕上げの方が、基礎には適切ですから、この件に限り、現実的な問題はなさそうです。
しかし、こういう、いい加減な対応を放置しておきますと、後々、致命的なミスを誘発しないとも限りませんので、今回は、しぶしぶ了承してやっておいて、両者とも厳しく叱っておくことが必要かと思われます<(_ _)>

質問した人からのコメント

2012/11/8 07:29:11

ありがとうございました。大変勉強になりました。

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ピクサーさん

2012/11/600:24:15

最近の住宅の見積書は明細も細かく専門用語もたくさんあり素人がすべて理解し確認するのは不可能に近いです。

そのために信頼のおける設計士さんに設計監理を委託しているはずです。

質問者様がどうしても打放しの基礎がいいということで要望したものならやり直してもらう必要がありますが、この感じですと特にこだわりはないようですね。
だとすると設計士さんのこだわりが強いようですが、コンクリートを打つ前の検査で気づきそうなものですが。

最初から設計士さんはモルタル仕上げでいくつもりだったのでは?

設計士と工務店に頭にくる気持ちはわかりますが、家を完成させその後アフターサービスと付き合いは続くはずです、この件に関しては相手側の誠意がみえしだい許してあげるのが得策です。

少なくとも設計者と施工者を選ぶのはお客様の自由で自分が考えた末に決めたところだと思います。
信頼関係は大事にしてください

tak********さん

2012/11/521:56:50

打放しコンクリート+撥水剤塗布よりも、モルタル仕上のほうが仕上げとしては上級なんですけど、どこに問題があるのでしょうか。(撥水剤は2~5年程度で効果がなくなりますよ。車のワックスと同じようなもの。)

mas********さん

2012/11/517:58:31

見積の査定業務は誰に依頼していましたか?
見積の依頼や見積もり査定の経緯により責任の所在が大きく異なります。
※基礎のやり直しというより工事費の差額程度の金銭的和解で手打ちにするレベルのミスです。
それ以上の要求は 今話題の尼崎のおばちゃんと同じ行為ですよ。
★設計者・監理者・施工者と各業種の業務分担と責任分担など最初に確認・区分してますか?
素人だからわからないでは済まされませんよ。

maa********さん

2012/11/517:53:59

やり直しは聞いた事がない(瑕疵ではなさそうなので)ので、私見です。
基礎打ち放しって事は、スラブ・立ち上がり共一発仕上げ(じゃないとうち継ぎ目の処理がでると思われます。)だと思いますが、今回の基礎はスラブ・立ち上がりは別打ちなんでしょう。
工法自体が違うのかもわかりませんね。
ですが、基礎自体に問題が無ければ、値引き位にした方が良いと思います。
壊して直すと結構費用がかかりますので、相手も値引きで落とすのではないでしょうか。
また厳しいかも分かりませんが、素人だから分からないは仰って欲しくないですね。
自分の家の事なのに、分からないはどうかと思います。
分かるまで、納得するまで打ち合わせする事をお勧めします。
その時は、議事録をお互いに交わし、間違いの無いようにしたいですね。
まだ基礎段階でしょうから、後の工事は間違いなく施工すると思いますよ。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる