ここから本文です

百人一首の54番の和歌「忘れじのー」で有名な高階貴子についてできるだけ教えて...

yuz********さん

2012/11/1009:21:54

百人一首の54番の和歌「忘れじのー」で有名な高階貴子についてできるだけ教えてください。
また、上記の和歌についても時代背景などいろいろ教えてくださるとうれしいです。

上記の和歌について皆さんの感想などもおしえてください。

閲覧数:
843
回答数:
3
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hou********さん

2012/11/1322:29:28

役立つか分かりませんが、この和歌について、知っていることをお伝えします。

まず意味は、
「『いつまでも決して忘れないよ』と言ってくださるあなたのお言葉は、嬉しゅうございます。でも、こんな幸せがいつまでも続くとは到底信じられません。だから私は、今の幸せを胸に抱いて、今日限り死んでしまいたいと思います。」です。

高階貴子は、従二位式部卿高階成忠の娘でした。関白、藤原道隆の妻となり、儀道三司伊周、太宰帥隆家、一条天皇の皇后である定子らを生みました。
和歌や漢文の才能があって、高内侍とも呼ばれました。


「和歌の背景」
高階の家に生まれた貴子は、円融上皇の御所に仕えていました。
次の関白になることが決まっている、藤原道隆は大変人気があり、貴子も彼のことが好きな一人でした。
ある日、貴子のもとに一通の手紙が来ます。
それは、「あなたが好きです。是非二人で会ってください」というような内容のもので、差出人はあの道隆でした。
二人は出会い、道隆は貴子に「あなたを一生離さない」と言います。
そんな道隆に愛されている喜びの中で、貴子はこの歌をつくったのです。



アバウトな部分があってすみません。
もしよかったら何かの参考にしてください。

質問した人からのコメント

2012/11/14 17:14:03

成功 とても細かいところまで書いていただきありがとうございました。
授業でこの短歌を紹介するので参考にさせていただきます。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

hoc********さん

2012/11/1400:15:58

高階貴子の娘・定子が生んだ敦康親王は将来の天皇候補でしたが、なれませんでした。
その辺りの原因とか知っていると、道隆との結婚とかは興味深いです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E9%9A%8E%E6%B0%8F

yuk********さん

2012/11/1017:59:55

「忘れじの行く末まではかたければ
けふを限りのいのち友がな」
百人一首楽しい☆
早く正月でやりたいなぁ~
百人一首は50首ぐらい覚えてるけど、
時代背景は考えたことないなぁ。
和歌のこともあまりしらないし(笑)
できるのは百人一首だけ(笑)

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる