S波は内核を通らないんですか?

S波は内核を通らないんですか? 私の持っている地学の参考書にはどこの図を見ても(シャドーゾーンの図や、添付してある画像のような図など)Sが内核を通っていません。 S波は液体中を通らないのは知っていますが、内核は固体です。 固体を通らないという記述はみたことないです。 というか通るはずなのですが、何故どの参考書の図にも内核にはS波が通ってないのですか? 外核から内核へP波が向かった時、速度が変わるためその一部が(どういう理屈かまでは知りません)S波に変わると聞きましたが・・。 どちらにせよS波を書いてないのは不適だと思うのですが、どなたか解説お願いします。

画像

地学520閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

0

高校の参考書には、内核のS波速度は書かれていないですか。 例えば次のページ(このページの作者の山賀先生は高校の先生です)には3.5km/s程度の速度が書かれていますが。 http://www.s-yamaga.jp/nanimono/chikyu/chikyunokozo-02.htm 参考書はともかく、教科書にも書かれていないですか。それなら、内核のS波速度は高校地学の教育課程の範囲外だということになりますね。 ただ、内核を通過したS波が、地震波観測で、研究者みんなが納得するデータとして示されたことはないと思います。観測したという論文は何度か書かれていますが。 高校地学では、観測された地震波の走時曲線から地球内部の地震波速度分布を求めているという説明をしているので、これでは説明できない内核のS波速度は載せてないのですかね。 内核のS波速度は地球の自由振動の周期から得られているものです。ただこの原理を理解するのはとても難しいので、高校地学では範囲外になっています。でも、どうやって結果を得たかはともかく、S波が通ることはわかっているのだから、地球内部の地震波速度分布図に書いてあって当然だと思います。