「放出」は何故「はなてん」という読み方なんでしょう? 由来みたいなのはあるのでしょうか?

「放出」は何故「はなてん」という読み方なんでしょう? 由来みたいなのはあるのでしょうか? 「放出」は何故「はなてん」という読み方なんでしょう? 由来みたいなのはあるのでしょうか?

日本語243,990閲覧

13人が共感しています

ベストアンサー

32

いくつか説がありますが、一番確かな(だと古代史関係の本で言及され、私もそう思う)説は、(上の人も引いている)参考URLの大阪市のサイトを引用すると、 さらに、昔は「はなてん」と読まずに、「はなちでん」から「はなちで」と称していました。当地は古代から中世にかけて、河内湖からの湖水が大和川や寝屋川の流れと合流して淀川(現在の大川)に注ぐあたりに位置し、仁徳天皇の頃にも旧大和川の氾濫が多かったことから、この地に樋を作りその水を調節して水を「放」ち「出」したところから、その名が起こったともいわれています。 もう少し具体的にいうと 弥生時代前期には、今の河内平野が河内湾という大きな入り江になっていて、半島であった上町台地にそって北に砂嘴(さし)(天橋立のような長い砂州)が伸びていて、その先端の現在の南方(南の潟)のところで西の海(大阪湾)に通じていました。河内湾は弥生時代後期には河内湖になり、その残存も、江戸時代の鴻池新田開発で沼が埋め立てられて消滅します。 その河内湾・河内湖の時代に、淀川は枚方(平潟)のあたりで分岐し、その支流が今もある古川ですが、今より太い川だった古川に寝屋川や当時北流していた大和川が合流して、河内湖に水を「放出」するところが「はなてん」の地でした。その河口には川が幾筋にも分かれて三角州を形成し、砂が溜まって水の流れが悪かったので、仁徳天皇のとき、放出の近くに古川の氾濫から守るため「茨田の堤」という堤防が築かれ(参考URL2)、上記引用にように、放出路を掘って水を河内湖に流し込みました。また上町台地のすぐ北の砂嘴にも「堀江」を開削し、それが今の大阪城のすぐ北の天満橋のあたりの大川です。 「はなちで」の弥生時代音は panatinde「パナティンデ」、平安時代には「ファナテンデ」となり、いつしか「デ」が落ちて、江戸時代初期には「ハナテン」となったと考えられます。弥生時代以来の古い地名です。 http://www.city.osaka.jp/joto/shokai/05_04.html#4-3 http://murata35.cool.ne.jp/shuhenkaido/mattatutumi/index.htm

32人がナイス!しています

その他の回答(1件)