ここから本文です

宅建業開業について。

dou********さん

2012/11/2913:25:47

宅建業開業について。

宅建業を開業するにあたって、営業保証金1,000万円を法務局に供託するか、保証協会に加入するかどちらかだと思います。

保証協会に加入すれば、
・開業コストを抑えられる
・レインズが利用できる
・各書式がダウンロードできる
・協会員同士のネットワークができる
などのメリットがあると思います。

では逆に、保証協会に加入せず営業保証金を法務局に供託する場合、どんなメリットがあるのでしょうか。
レインズは利用できないのでしょうか。各書式などは自分で用意しないといけないのでしょうか。

廃業した際に供託したお金がほとんど返ってくる、ぐらいしかメリットが思い付かないのですが。

皆様、どうかお教えいただきますようお願い申し上げます。

閲覧数:
651
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tak********さん

編集あり2012/11/2923:37:03

保証協会に加入するには既存会員2名(2社)の推薦が必要です
推薦してくれる方心当たりありますか?
なければ、推薦状を金で買う人も多いみたいです○十万とか・・・



各書式がダウンロードってのは契約書とか?
そんなもの。いまどきパソコンでダウンロードできます
http://www.smhome.co.jp/tishiki/kounu/keiyaku0510.pdf#search='%E4%B...

http://port-system.net/legalform/fbaibai/

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

tai********さん

2012/11/2914:54:45

■供託のメリット

・各協会への入会金が要らない(確か数十万円)。
・社長の連帯保証が要らない。
・各協会への年会費が要らない(確か数万円)。
・レインズは使用できますが、登録は有料(確か1件数万円)です。物件検索は出来ないと思います。
・全宅連などの書式のダウンロードはできません。が、もしかしたら購入はできるかもしれません。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる