ここから本文です

次回予告に関する疑問。 (特撮/アニメ、両方オッケー!) 「みんな、来週の怪獣...

海蛇。さん

2012/12/809:55:53

次回予告に関する疑問。
(特撮/アニメ、両方オッケー!)

「みんな、来週の怪獣はね。なんと夫婦の怪獣なんだよ。…さぁ、来週もみんなも観よう!」
故・名古屋章氏のアットホームなナレーションの「帰ってきたウルトラマン」

「我らが仮面ライダーを狙う秘密結社ショッカーが送り出した次の刺客は、エレキボタル!」
後に「トリビアの泉」でも活躍した故・中江真司氏の「仮面ライダー」、あるいは地獄大使ら歴代幹部自らによる次回予告ナレーション。

振り返れば、次回予告は、まさしく移り気な視聴者を、よし!来週も観るぞ!と決心させる為の重要な役割を担っております。
1週間をひたすら待つしかなかったリアルタイム放送当時、一種の拷問でもあり、楽しみを倍増させる要素でもあったと思います。
これにより、我慢する忍耐力を培っていた側面もあるかと存じます。
さて、ここで質問です。

①貴方の印象的な次回予告は何ですか?
作品名と一口コメントをお願いします。

私は「装甲騎兵ボトムズ」です。「何でも鑑定団」とかガンダムのギレン総帥の方の、やたら難解で抽象的なナレーションが、謎解き展開で引っ張るボトムズの作品世界に雰囲気が合致していました。
次回「触発」必然たりえない偶然はない。

ね?やたら、格好いいでしょ?意味よく分からんけど。
ゞ(・∀・)〃

②洋泉社「ウルトラセブン研究読本」には、
次回予告ナレーションが全話記載されています。

部分的に(聞き取り不能)と書いています。
現在、ウルトラセブンや初代マンの次回予告を、音声含めて視聴できる手段があるのでしょうか?
逆に言えば、↑の予告ナレーションは、どうやって取材したのか分かりますか?推測でも結構です。


回答は①②片方だけで構いません。
もちろん、アニメも含みます。様々な意見をお願いします。

補足皆さん、回答ありがとうございます。現時点で回答5件中、フール様、マイルズ様、アミダラ様の計3名がボトムズ推薦(60%)。ボトムズの人気に嫉妬デス。あのー、宜しければ、ボトムズだけに集中してもつまんないんで、次点であと1つ、あと1つだけ予告が印象的な作品を挙げて下さい、なんて、さすがにワガママ言い過ぎかしら?優しいみんなが大好きデス。(/_\;)あでゅ

閲覧数:
461
回答数:
6
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

s11********さん

編集あり2012/12/811:13:29

①中江真司氏のバージョンしか見た事がないのですが、「仮面ライダーV3」や「仮面ライダーX」の本放送時の予告編では、本人のナレーションで『身体に気をつけよう!』的なメッセージを言っていた物があった様です。
「V3」はLDに音声のみ収録されていました。
その場合、映像もそれに合わせた予告編だったのか、放送当時に視聴した方にお聞きしたいですね。

昔(笑)は、本放送中でもたまに再放送の回がありました。
その場合、予告のナレーションは多少違っていました。
「ゴレンジャー」の時は、『次回はアンコール週間だよ!』で始まり、アニメ「コン・バトラーV」の時も同様な出だしのナレーションでした。
それらはソフト化されないのが残念です。

②本放送当時、ファンの方がカセットテープに録音していたのでしょう。

第1話の予告ナレーションは本に掲載されたことがあるので、ナレーションの原稿は現存しているのかもしれません。

現在は、ナレーション付きのそれらの予告編は視聴不可能です。
最近、ファンの提供した音声テープによる、007映画のTV吹き替え版DVDが発売されました。
同様に、ウルトラセブンのBD化の際に、予告編の音声が復元されて収録されるかもしれませんね。

質問した人からのコメント

2012/12/15 10:16:02

感謝 ミヤモウ様、ファイヤーマン情報サンクス。フール様、「君は時の涙を見る」Zガンダムもシリアスで好き。マイル様、ボトムズ大好きデス。アミダラ様、セブン予告編BGM情報サンクス。エスワン様、アンコール放送情報サンクス。貴方にBA進呈!カイト様、流星人間ゾーン情報サンクス。私の他の過去質にも是非回答願います。(*∧_∧*)あでゅ

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

編集あり2012/12/1208:22:16

鉄の腕は萎え
鉄の脚は力を失い
埋もれた砲は二度と火を吹くことはない
狼も死んだ
獅子も死んだ
だが、砂漠の太陽にさらさされながら巨人は確信していた
若者は、今日も生き…
今日も走っていると

『太陽の牙ダグラム』の根幹となるナレーションの一節。
中村光毅氏の「夕陽を浴びた錆びたダグラム」の印象的な絵とともに思い出されます。

高橋良輔作品の魅力は、セリフの中で使われる言葉遣いや単語がキャッチーで心に深く残ります。
これが、作品への興味を引き、また質も上げてます。

ボトムズの『キリコは、心臓に向かう折れた針』なんて、カッコイイですよね。

高橋良輔作品は予告編込みで一つの作品です。

高橋良輔さん作詞のオススメアニソン!
ゼロテスターのED『愛する大地』。
検索してみてください。


さて話がだいぶそれました。

私にとっての印象的な予告編は“帰ってきたウルトラマン”の問題作である一編。#11『毒ガス怪獣出現』の予告です
予告編まで、ある意味問題作。

さぁ、いよいよ来週は本邦初公開のウルトラスピンキックが見られるよ。
空中二段キックの荒業は怪獣モグネズンにどんなダメージを与えるか?
来週一番のお楽しみ。
見てね。

視聴率至上主義が、おもいっきり浮き彫りになった迷編であります。
ここのカテでも、妙に必殺技やらにこだわる人が居るけど、そんな人向け?
トホホ…。

もう一つは“ファイヤーマン”のやはり問題作。
岸田森さんの脚本回、#12“地球はロボットの墓場”の予告。
「さぁ次回のファイヤーマンは…」の後、ゲストヒロインの歌声のみ。
歌は童謡『かなりあ』
♪歌を忘れたカナリアは後ろの山に棄てましょか
いえいえ、それはかわいそう…
そして、あらためてナレーションが入る
「“地球はロボットの墓場”お楽しみに。」
内容説明一切無し。
むしろ興味を注がれます。

thefool_000さん

編集あり2012/12/1412:58:45

さすがの私も初代マンやセブンの予告は記憶が
残っていません(笑)
この辺りの予告は再放送時には流れませんでしたからね。

帰りマンや仮面ライダーの予告編は再放送時も
時間枠によっては放送されていましたね。

幻の番組「ウルトラマン前夜祭」終了後に
流されたウルトラマン第一話「ウルトラ作戦
第一号」予告編の音声は以前キングレコード
から発売されたLPレコードに収録されていた
ものを聞いた事がありました。現在では入手
困難だと思われます。もしかしたら私の入手
したレコードも既に棄てられてしまったかも
知れません……。

好きな予告編はアニメだと私もボトムズです。
あのもったいぶった思わせぶりで想像を
掻き立てて、シンプルで印象的な決め台詞
で終了するセンスが当時の私の年代には
とてもハードボイルド的に格好よく感じました。

特撮だと「超人機メタルダー」の決め台詞
【こいつはすごいぜぇ~!】と
「仮面ライダーBLACK RX」の
【ぶっちぎるぜぇ~!】が印象に
残っています。

メガレンジャーの予告編も途中から
登場人物どうし掛け合いの後で次回の
映像が流されるようになりましたが、
ほのぼのとした感じが青春ぽくて良かった
と思います。

他に印象的な予告編のフレーズはアニメだと
機動戦士ガンダムの「君は生き延びることが
できるか」ですね。永井一郎氏の重厚な語りと
詩的でさえある格調高いセリフがガンダムの
世界観を盛り上げていたと思います。

新世紀エヴァンゲリオンの予告編のBGMも
次週への期待を心地よく盛り上げて
くれましたが何と言ってもミサトさんの
「サービス、サービス~!」に代表される
セリフを聞くと、妙にうれしくなったり
しました。

mai********さん

2012/12/918:09:23

①質問者様と同じでやっぱりボトムズです。やはり30年近く続くだけの、作品の力強さはさすがです。
気に入ってるのが31話の予告ですね。

『何故にと問う
故にと答える
だが、人が言葉を得てより以来、問いに見合う答えなどないのだ
問いが剣か、答えが盾か
果てしない撃ち合いに散る火花
その瞬間に刻まれる影にこそ、真実が潜む
次回「イプシロン」
飢えたる者は常に問い、答えの中にはいつも罠 』

予告になってないのですが、言い回しが絶妙です。

アミダラさん

編集あり2012/12/1101:27:45

姫様、おはようございます。
①偶然ですが私も「ボトムズ」です。本当です。本編はいまいちでしたが予告編だけはカッケーナーと思いながら見てました。
で探してたら、こんなサイトを見つけました。
http://www.geocities.co.jp/Playtown-Spade/1036/votomsnext.html

私が特に印象に残ってるのは13話の予告編です↓超かっこいいです。

「降り注ぐ火球。舞い降りる鉄騎兵。欲望と秘密と暴力の街、ウドが燃える。圧倒的、ひたすら圧倒的パワーが蹂躙し尽くす。ささやかな望み、芽生えた愛、絆、健気な野心。老いも若きも、男も女も、昨日も明日も飲み込んで走る、炎、炎。音を立てて、ウドが沈む。
次回、『脱出』。不死鳥は、炎を浴びて蘇える。」

②ウルトラセブンのVHS版には映像特典として二話「緑の恐怖」と三話「湖の秘密」の予告編が収録されていました。
それは映像と音楽だけで、ナレーションと字幕は入っていませんでした。
「来週は〇〇です」という字幕は本放送の時にテレビ局の人がタイミングを見て入れていたと思います。
ナレーションが生だったかどうかは分かりませんが初回放送を録画してる人がいない限り聞く事は出来ないでしょう。
その本に記載されていたという事は、ナレーションの台本が残っていたんだと思います。


補足を見て
姫様こんばんは(^^)今夜も眠れませんか?
あと一つ挙げるとすれば「サザエさん」ですね。サザエさん一家が交代で視聴者に語りかけるあのフレンドリーな予告は癒されます。
今はジャンケンですが昔はサザエさんがお菓子を放り投げてのどに詰まらせてましたねw
ただサザエさんの予告を聞くと、ああ明日からまた学校かと寂しい気持ちになったものです。
刑事ドラマだと「Gメン75」芥川隆行さんの哀愁のこもったナレーションが素晴らしい。
「太陽にほえろ!」の「全オープニング&全予告編集」も持っています。
因みにセブンの予告編のBGMはいつも一緒でNGバージョンの主題歌のイントロ部分をマイナーアレンジ?した曲です。

kai********さん

2012/12/810:42:28

はっよ~♪


①のみで…。

【流星人間ゾーン】
第10話ラストの第11話の次回予告。
(ちなみに、ナレーションは小林 清志)

「撮影も、いよいよ順調」
とか言って

[本当に撮影現場を流す]

という

[ありえねぇ~T。T]

次回予告でした。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる