ここから本文です

獣医になるには、最低でも犬と猫が診れないとダメというのは本当ですか?

takanaoさん

2012/12/919:16:55

獣医になるには、最低でも犬と猫が診れないとダメというのは本当ですか?

獣医は難しいそうですね、人間でいうところの眼科・内科・外科・歯科・耳鼻咽喉科・肛門科・産婦人科・皮膚科・精神科などなど…。数えきれないほどの分野を学ばなければならないと聞きました。

しかも、動物ごとに馬や牛、豚、鳥類、爬虫類、両生類、魚類などなど。種族ごとにも違いがあるので大変だそうですね。
家畜専門の獣医もいらっしゃるそうです。

そんな中で、獣医になるには最低でも、犬&ネコの両方を見れなければならず。片方だけでは獣医として開業を許されないと聞きました。片方だけではダメだと?

犬猫だけでも療法治療できれば「犬猫病院」として開業できるとも? 仮に家畜専門の獣医でも犬や猫は診れるのですかね…。


それは真実なのでしょうか、獣医に詳しい方ぜひご見解をお聞かせください。

閲覧数:
878
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

ko_********さん

2012/12/1000:01:03

「獣医師資格」を取得するだけならば、そのようなことはありません。
しかし、一般論として、いわゆる「街の獣医さん」として開業するならば、「犬猫の両方を診療できないと黒字経営できない」でしょう。
最近は、爬虫類診療等を売りにした獣医師もいますが、人口過密地域限定で、成功するような方は、極々わずかでしょう。

また、獣医師免許取得後、大家畜(牛や豚)などに特化した獣医師になるかたもいらっしゃいますし(「病院」を構えない開業医院に就職)、公務員として、と畜場や保健所に勤務されたり、食品会社や飼料会社で衛生検査に従事される方もいらっしゃいます。

このような方が、5年もペット臨床(実際に動物の治療を行うこと)から離れると、「ペット臨床獣医師としての腕と知識」は、確実に落ちて、情報は過去のものになります。
そうなった場合、法律的には、治療行為は違法ではありませんが、行う側が二の足を踏むのが普通です。

最初に戻りますが、
「犬猫を診られない獣医もたくさんいるが、街中で開業するなら、犬猫の両方を診られないと、病院の経営が難しい」
ということだと思います。

ご参考になれば幸いです。

質問した人からのコメント

2012/12/16 10:54:53

感謝 なるほど、犬猫の両方を見れなければ開業しても黒字経営できないだろうという意味だったのですね☆

有難うございます、勉強になりました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

ham********さん

編集あり2012/12/920:10:31

結論から言ってしまえば、そんなことはない、ですかね。

共済などの先生では「小動物は診れないからねー」という先生もいました。
犬だけでは開業できない、というのはどこからの情報でしょうか…そんなことはないはずです。
エキゾチック動物専門の動物もありますし。
少なくとも法律上はそれを規定する文章はなかったはずです。(一応、診察を依頼されたら理由なく拒否はできないことになっていますが…)

もちろん、伴侶動物が増えている昨今ではカリキュラムには犬猫も入っていますし、国家試験にも小動物分野は結構な割合で入っています。
なので、特定の動物しか勉強していないと国家試験に落ちて獣医になれない、ということはあるかもしれませんがね。
仰るように診療科ごとに分かれていないので、臨床の先生は通常どの科でも診れないといけないのですごいと思います。
ただ、人の医者でも一旦はすべて勉強するはずですよ。
ちなみにですが、獣医はもともと軍馬のための医者だったと教えられました。加えて、食糧生産のための家畜のためでもあります。伴侶動物の分野は比較的近年だと思いますので、むしろ「診れないといけない」のは馬や牛豚などの大型から中型家畜のほうではないかな、と私は思います。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる