ここから本文です

民法921条第三項但し書きの意味 被相続人Aに配偶者なし、子Bが一人いるとし...

abc********さん

2012/12/1222:17:37

民法921条第三項但し書きの意味


被相続人Aに配偶者なし、子Bが一人いるとします

相続債務1000万 財産が1000万ある場合

子Bが財産1000万の財産を隠匿し相続放棄することによって

次順位相続人の母Cが単純承認したとします。

Bの背信行為が発覚した場合、Bは921条3項本文に規定する単純承認の擬制はCの相続権を害するため発生しない

尚、CはBに対して隠匿した財産の引渡し、消費した財産についての

損害賠償の請求ができる


以上の理解で良いでしょうか?

閲覧数:
172
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tri********さん

2012/12/1222:41:38

それ以前に
条文上、漢字で「三」としている場合は「三号」です。
第3項ではありません。

以上の場合は
不当利得返還請求(民法704条)になります。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる