ここから本文です

自衛隊を国防軍にかえること、もちろん賛成ですよね?

ish********さん

2012/12/1602:49:06

自衛隊を国防軍にかえること、もちろん賛成ですよね?

領空侵犯の中国空軍機を、撃ち落さなければなりません

補足そうですね。ルール違反をあれだけあからさまに繰り返す相手には、実力をもってやりかえさなければいけません。

閲覧数:
252
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

fis********さん

2012/12/1604:51:35

当然賛成です。

中国の領空・領海侵犯問題、北朝鮮のミサイル発射問題、韓国の竹島占領問題、ロシアの北方領土返還未定問題…と、日本と国境を隣接する国々は台湾以外危険極まりない国ばかり。

この中で自衛隊(形は軍隊だが名目は警察予備隊)は非常に立場がはっきりせず、有事の際には日本国憲法第9条が足枷になり戦う事もできず、ジュネーブ条約による捕虜の非人道的扱いの禁止すら適応されないのでは日本が占領されるのを指をくわえて見ていろ、という事になります。

日本国民としてそれで良いのか?

こちらがどんなに平和を望んでも攻めてくる国は攻めてきます。


戦争が嫌なら尖閣よこせ!
竹島から手を引け!
北方領土は返さない!
経済支援よこせ!

と脅しにのれば日本は列強に支配されたかつての清(中国最後の王朝)のように食い物にされる。

そんな脅しにかかってくるのは日本が戦えない軍隊しか持っていないとナメているからです。

きちんと隣国に睨みを効かせるためにも国防軍とし、憲法を改正し有事にはしっかり応戦できるようにすれば簡単には侵攻できません。

アメリカと組み極東アジアの平和を守るためには「抑止力」が不可欠です。

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

noc********さん

2012/12/1603:25:03

もちろん賛成です。
自民党がこの公約を掲げたのには訳があります。
もし軍事衝突が起こって自衛隊員が敵に捕らえられた場合、「軍」であればジュネーブ条約により人道的に扱わなければなりませんが、「軍」で無いと見なされれば単なる「人殺し」として扱われてしまう恐れがあるのです。
もしそうなればその場で処刑されたりするかもしれません。
現在、諸外国は自衛隊を「軍」と見なしていますが国内ではそうではないので、国内外一致して「軍」と認識する必要があると言ってるのです。
ですから、名称変更は万が一の時に自衛隊員を守る為に必要な改正なのです。

tic********さん

2012/12/1603:13:51

反対です。狙いは、自衛という意味を薄めるためです。
集団的自衛権への露払いです。

poi********さん

2012/12/1603:12:41

国防軍としてきちんと戦闘できるようにすることについては賛成です。

中国機を撃ち落とすのがいいかどうかは別問題です。子供の喧嘩ではありませんので。

中国は挑発的な行動を取ることで自衛隊が手を出すのを待っているフシがあります。それを以って国際社会に「日本の暴力性」をアピールするためです。最近、中国は国連の敵国条項という、皆がほとんど忘れている第二次世界大戦の遺物をわざわざ持ち出してきていますが、これもそのための理論武装です。

なので、実際には撃ち落とすことなく、「絶対に撃ち落されるから侵入は無理だ」と断念させるのが一番の上策です。詰将棋みたいなものです。

yal********さん

2012/12/1602:55:07

相手国がルールを守らないのであれば
仕方のないことだと思っています。

国を守るためには致し方なし。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる