ここから本文です

8日くらい前に 鼻付近を強打しました。鼻血も骨折もなく、病院に行きましたが、擦...

ria********さん

2012/12/3120:09:55

8日くらい前に 鼻付近を強打しました。鼻血も骨折もなく、病院に行きましたが、擦りむいた傷の消毒だけで
終わりました。
当日は、顔が少し腫れ、翌日は、打った側の目頭の縁が少し血が滲んだように赤くなりました。

現在は、腫れも引き、打った部分が黄色くなっています。
目頭の赤みも少し引いてます。
鼻を打った翌日くらいから、時々水のような鼻水が、タラタラでます。
今は出ていませんが、時々出ます。
頭痛や眩暈などはありません。

髄液鼻漏が心配です、その可能性はあるでしょうか。

閲覧数:
25,152
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

dag********さん

2013/1/121:10:35

顔面の中でも、鼻の骨は折れやすい場所に位置しています。
顔の中央にあって飛び出ていることで、薄い骨で出来ている骨は折れやすいのです。
鼻骨骨折は、特に男性に多くみられる骨折です。
バイクで追突したり、スポーツなどをしていて鼻を強打した時などに起こります。
骨折の可能性がある場合には、出来るだけ早く専門の医師の診断を受けるようにしましょう。
 
鼻は上半分が鼻骨、下半分を軟骨で形を保っています。
外傷が加わると、簡単に変形の症状が出てしまいます。
骨折直後は、鼻血や鼻詰まり、皮下出血、鼻の変形などが見られます。
まもなく、鼻の付け根部分が腫れてきます。
鼻すじが「く」の字に曲がったり、鼻すじが斜めになったり(斜鼻)、鼻の付け根部分が陥没する(鞍鼻)といったことが変形の症状です。
 
鼻骨骨折は、時間が経つにつれて腫れがひどくなってきます。
変形の症状がわからなくもなってくるため、早急に病院で受診することが必要です。
骨折の様子やズレや曲がり度合いの診断は、X線検査により行われます。
皮膚や粘膜に傷がついていない場合や、出血が止まったり、鼻骨の曲がりや陥没が少ない場合は、鼻の穴からペンチのような器具で整復して鼻孔への詰め物で固定します。
鼻骨骨折で手術を行う場合は、局所麻酔で手術を行い、外来通院で治療します。
しかしこれは大人の例で、小さな子どもや痛みに弱い方は、入院したうえで全身麻酔をして手術をおこないます。
初期段階できちんと治療をしていない場合は、鼻骨が曲がったまま治癒することがあります。
鼻が低くなったりすることもあり、骨切りの手術が必要になることがあります。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる