双極性障害と診断されました。朝夕・リーマス200mgを1錠ずつ、夕・リフレックス15mg×2錠を服用。 就寝前セロクエル25mgを1錠、ネルロレン10mgを2錠服用しています。病状のレベルを知りたいです

双極性障害と診断されました。朝夕・リーマス200mgを1錠ずつ、夕・リフレックス15mg×2錠を服用。 就寝前セロクエル25mgを1錠、ネルロレン10mgを2錠服用しています。病状のレベルを知りたいです 医者にはリーマスは今の仕事をしている間は飲み続けないといけないでしょうと言われました。 4月に転勤し、3日間だけですが自殺念慮に支配され体が全く動けないことが10月にありました。睡眠障害は徐々に悪化。薬を変える前は飲んでいても夜中の2時ぐらいに起床(途中3~5回目覚めあり)していました。現在、病院をかえて薬の調整中です。 病状のレベルとは例えば10段階の5位とかです(10はひどい、1は軽い)といった感じです。詳しい方教えてください。

うつ病493閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

0

双極性障害Ⅱ型の患者です。20年になります。 一口に双極性障害と言っても人それぞれ症状が違います。 私の場合は、双極性障害Ⅱ型のためか、躁状態は軽く短く周囲からはほとんど気づかれません。躁状態があっても、残業をしても疲れを感じない、睡眠時間が少なくても平気、いくらか多動・多弁になる程度です。ですので、たまに元気になるうつ病患者のようなものです。 質問者の判断段階で言えば、躁状態では1か2くらいです。うつ状態になるとベッドから抜け出せなくてトイレ以外は寝てばかりで過ごすことになります。質問者の判断段階で言えばうつ状態では10になります。(実際、自殺未遂を一回起こしています。) 患者さん一人ひとりが躁とうつの波の振幅を持っていて、躁側に大きい人、うつ側に大きい人、両方に大きい人と様々です。 質問者は現在はうつ状態に振れているようですが、薬をきちんと飲んで様子を見てください。 双極性障害には普通は抗うつ剤は使わないのですが、私の主治医はうつ状態が酷い時には抗うつ剤を処方してくれます。レキサプロという最近認可された薬で、SSRIが止める時には減薬していく必要があるのに対して、この薬はすぐに止められる切れ味のいい薬です。質問者もどうしても辛い時には抗うつ剤を処方してもらうことを主治医に相談してみてください。 質問者の躁エピソードが書かれていないので、軽々に判断できませんが、書かれていないところを見るとⅡ型かもしれませんね。薬の量、質問文の内容から見るに、ご本人が考えているように10段階の5位でそう違いはないと思います。 お大事にしてください。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

丁寧な回答ありがとうございました。躁はほとんどわからないぐらいだと思いますが、鬱が重いです。薬を飲むと午前中まで影響が出ています。今は正月休みなのでいいですが、今後は主治医と相談して対応していこうと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2013/1/1 23:35

その他の回答(1件)

0

双極性障害の病状レベルの判断は、本人の自覚と 周囲の判断に誤差があります。 特にそう状態は、その差が激しく 身近であなたを見ている人(家族、主治医)の 判断が一番正しいと思います。 ゆえに家族や主治医に10段階レベルをたずねられてください。