ここから本文です

エヴァ22話のロンギヌスの槍の保管場所について質問です。

dou********さん

2013/1/409:45:01

エヴァ22話のロンギヌスの槍の保管場所について質問です。

最近エヴァを見始めて1話からみて22話まで見ました。

綾波レイは槍が刺さっている場所を知っていたのですか?
ネルフの人間はともかく、シンジやアスカは槍の存在自体知っていたのですか?

補足そもそもこの槍って何ですか?
TV版を一通り見たのですが一切どのような物なのか語られていませんでした。
また、22話でレイが槍を投擲した後、なんかの老人達の集まり?ではなぜ使用したのかと怒られていましたが、し湯した事に何か問題点があったのですか?

閲覧数:
905
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

gpz********さん

編集あり2013/1/621:41:00

ロンギヌスの槍、TV版での初出は12話で、南極から船で運ばれます。
14話で、ゲンドウの「作業はレイにおこなわせている」とのセリフがあり、その直後、ドグマ最下層を槍を持って進む零号機が描かれています。
おそらくこの時リリスに槍を刺したのでしょう。
15話では梶がミサトに槍の刺さった巨人(リリス)をアダムとして紹介します。

ゼーレ上層部には周知であっても、ネルフ内部では槍の存在は極秘であったと思われ、ゲンドウと冬月、レイ以外に知っていた者は少なかったはず(現場で運搬作業に携わった者の多くは、それが何であるかは知らされていなかった可能性が高い)。
当然シンジとアスカには知らされていなかったと考えるのが自然でしょう。

22話で極秘であるはずの槍を使徒に対し使用しますが、ゲンドウの「ドグマを降りて槍を使え。」との命令に対し、冬月が「ロンギヌスの槍をか?」と大声で応じますが、なんか機密っていう意識が薄いですよね。
また、既に槍の存在を知っていたミサトを除いた、その場にいたオペレーター達とリツコは、驚いた様子もなく自然に槍のことを受け入れてしまっていて、なんか違和感ありまくりなんですが(リツコは槍について知っていた可能性がありえなくもないですが)。
まあ、この時期の作画はスケジュール的にかなり行き詰っていたと言われており、話のつじつまを合わせるどころではなかったのでしょう。

>補足
槍とは何か
エヴァの企画段階では、第一始祖民族という設定があり、このプロットを土台にTV版は作られましたが、この設定自体は旧劇まで直接語られることはありませんでした(旧劇でも「第一始祖民族」という名称は出てこない)。
この設定は、ゲーム「新世紀エヴァンゲリオン2」で補足されました。
その内容はというと・・・。
高度に発達したテクノロジーを持った種族が、生命体の「種子」を月と呼ばれる入れ物に入れて、銀河にばらまきました。
この月は無人の惑星に一つづつ到着するようになっていましたが、なぜか地球にはアダムの入った白き月、リリスの入った黒き月の2種類がやってきました。
それぞれの月には、生命体を生み出す存在(アダムとりリス)と制御装置である槍が入っており、いわゆるロンギヌスの槍は、白き月に入っていたものです(黒き月の槍については、TV版、旧劇では言及なし)。

追伸
TV版エヴァはソフト化が20話で中断し、時間を置いて発売された21話以降は、かなり手が入っており、TV放送時のものとは異なっている。
修正された方をビデオフォーマット版と呼ぶようですが、この21話の冒頭追加部分にセカンドインパクトの描写があり(初出は最初の劇場版、「death」「rebirth」)、この中で非常に聞き取りにくいですが、「槍だ!槍を引き戻せ!」というセリフがあり、目覚めさせようとしていたアダムの制御に槍が使用されていることが示されています。

質問した人からのコメント

2013/1/7 02:30:32

ありがとうございます。
納得しました。
22話のオペレーターの反応でちょいと気になりました。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

lawstuさん

編集あり2013/1/519:56:54

レイがリリスに槍を刺したので、そもそも知っています。

他のネルフ職員は、一部の人間は知っていたと思われます。

しかし、葛城ミサトですらそこまでは知らなかったんだと思います。

ですから、当然シンジたちは知りません。

補足について:
ロンギヌスの槍は南極大陸(アダムが見つかった場所と重なる)で見つかりました。

ロンギヌスの槍はリリスの活動を抑制するもので、いくら魂をレイに移してあったとしても、いつ暴走するかも分からないので、抑止力として使用していました。

ちなみに「老人たちの集まり」というのは人類補完委員会のことです。

委員会の計画では、このロンギヌスの槍を使用し、補完計画を進めることになっていました。しかし、ゲンドウが勝手こいて無断で使用してしまい、委員会の計画を大きく変更せざるを得なくなり、委員会が怒ったのです。

この委員会の計画とは別の計画を企てていたゲンドウは(計画の名前自体は一緒ですが、本来の狙いは違う)、ロンギヌスの槍が邪魔だったので、ちょうど良かったのかもしれませんね。

プロフィール画像

カテゴリマスター

cho********さん

編集あり2013/1/419:04:22

テレビ版ではリリスにロンギヌスの槍を刺したのはレイの零号機なので、当然知っています。
シンジやアスカやミサトをはじめとしてほぼ全てのネルフ職員はリリスや槍の存在自体知りません。

新劇場版ではネルフ職員は全員、地下に磔になっているのはアダムではなくリリスだと知っていましたね。


>>補足
アダムやリリスに対する制御装置的な物ですね。
アダムと共に太古の地球にやってきました。
人類補完計画にはこの槍が必要なので、碇が使徒を倒すためにかこつけて槍を月軌道まで遠ざけてしまったので委員会が怒っていたのです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる