ここから本文です

次の文を最初から最後までをわかりやすくまとめてほしいです。 条件は 文字数...

syo********さん

2013/1/912:42:32

次の文を最初から最後までをわかりやすくまとめてほしいです。

条件は
文字数は300文字以下

「雪は天から送られた手紙である」今年没後五十年だったもと北大教授中谷宇吉郎の有名なこの言葉は、恩師寺田寅彦の随筆

「小浅間」にある「火山の噴出物は一つ一つが貴重なロゼッタストーンである」から想を得たものという
ロゼッタストーンは古代エジプトの聖刻文字解読の鍵となった石。寺田は随筆で、火山弾の一片にも膨大な「情報」が秘められているとといた。黙して語らぬ雪の結晶や火山弾に真摯に向き合い、自然からの伝言を受け止めようとする科学者の系譜を見て取れる
「雪」が「天からの手紙」ならば、「地層」は「地球がつづってきた日記」だろう。それは遠くなるほどの長い長い時間をかけて刻まれた「記憶」の集積
原子力規制委が原発敷地内で行っている断層調査はこの日記を解読する作業と言っていい。人間の日記ならば事実の捏造もありえるが自然はウソをつかない
だが、読み取る側が政治、経営面の思惑やしがらみにとらえられていたら、せっかく地球が残してくれた大切な言葉を意図的に見過ごし、誤読するおそれがある
「小浅間」執事当時、寺田は「我々はまだ、火山弾の文字を読みほぐす知能にめぐまれていない」と正直に告白した。活断層の判断に「曲解」は許されない。判断不能なら、原発の停止・廃炉を求めるのが科学者のとるべき姿勢ではないか。

閲覧数:
227
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

doh********さん

2013/1/920:40:32

活断層は安全と言えないのだから、原発を止めるべき。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

how********さん

2013/1/918:29:14

活断層を調査する作業は、地球の記録を解読する作業である。
地球の記録は正確であるが、読み手の人間が誤読したのでは意味が無い。

科学者は正確な地球の記録を捏造したり、誤読することは許されない。
もし判断が不可能なのであれば、勝手に活断層などと決め付けることは絶対に許されない行為である。

判断に迷う場合は、曲解して結論をだすのが科学者の取るべき姿勢では決してなく、活断層とは読取れないと正確に述べることが科学者の取るべき姿勢である。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる