エヴァンゲリオン

補足

追加⑤ビデオでの後半で(リツコが碇ゲンドウに撃たれる前くらい)碇ゲンドウの手のひらに目が付いていたような気がしたんですが・・・、なぜ?

コミック876,474閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

2人が共感しています

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

1096

1096人がナイス!しています

その他の回答(4件)

0

1誰か まぁネルフの外の人だと思いますが 2ロンギヌスの槍 これはイエスキリストを処刑したときに使った槍だとか 3第二の使途 確か正体は綾波レイだったような 4ーー; 難しい 5使途が寄生してるのです

0

①"ミサト・冬月・エヴァパイロット以外の誰か"です。ミサトに関しては、がイナックス関係者が 「そういう考え方もありますね」と言ってるので、違います。リツコに断定はできませんし、青葉という説もあります。劇中で唯一 名前を呼ばれない謎のキャラクターで、「裏は内務省・ゼーレのスパイ(=加持の同僚)という意見があります。私は、加持の知り合いの、日本政府・ゼーレ・ネルフのいずれかの人間だと考えてますがね。 ②"ロンギヌスの槍"ですね。磔にされたイエス・キリストの脇腹を刺した聖遺物、"ロンギヌスの槍"が由来です。劇中では、本編では死海で、ゲームでは南極地下で発見され、葛城調査隊に送られてます。A.T.フィールドを突き破る、おそらくエヴァに次いで最強の武器です。ゼーレはこれを使ってのサードインパクトも考えていたようですが、ゲンドウがアラエル戦で意図的に使い、回収不可能になっています。劇場版で、シンジの絶叫に呼応して戻ってきます。 ③リリスは、他の方のとおり、アダムの最初の妻です。詳しくは知りませんが、リリスはアダムの妻になるのを拒み、ルシファー(サタン)と婚姻、リリンという子を儲るそうです(カヲルの「リリ何ちゃら」発言は、リリンと言っています)。実は、そのリリスとルシファーの子・リリンが、人間なんです(エヴァの設定では)。なので、リリン=人間です。要は、悪魔の子ですね。これが嫌なので、ゼーレはアダムを"正当な継承者"、リリスを"偽りの継承者"と考え、アダムに還ろうとしたんです。それが、サードインパクト。しかし、ゲンドウの妨害もあって、何とリリスの分身である初号機で補完を進めます。「お前ら、結局 何がしたかったんだ?」ってツッコミたくなりますね。 ④諸説あり、今でもファンの議論が続いてます。私は「こんな感じかな」と考えてます(IDが違いますが、私です)→http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q109089505 まぁ、"極限状態における、人間のイミフな行動"ともとれそうですね・・・・

0

①カジは誰に撃たれたんですか? 真実は明らかにされていません。 リツコというのも一部のファンの間の推測でしかなく、アニメ・漫画共に加持を撃った人物は描かれておらず、謎とされています。 現在、リツコ・ミサト・ネルフの一員(つまり、特定人物ではない)‥‥という事で、ファンの間では熱く討論されています。 しかし加持が撃たれた時ミサトはネルフに拘束されていましたし、あの号泣からしてミサトではないでしょう。。 ②何とかの槍とはどういうアイテム? 『ロンギヌスの槍』 ATフィールドをも貫く巨大な螺旋状の槍。(正しくは、アンチATフィールドを発生させることでATフィールドを無力化し、使徒に対して絶対的な攻撃力を持つ究極の兵器とされている。) しかし、武器としての使用はこの槍の本義的な用法ではなく、リリスによる補完計画のために必要であったようだ。 (映画版パンフレットより) ③リリー、リリスとは何? リリーでなく、リリンでは? 【リリン】アダムが最初の妻・リリスとの間に儲けた子供。 【リリス】ネルフ本部深奥で、赤い十字架に磔にされていた巨人。アダムの最初の妻。 人類補完計画は当初、このリリスを使って行う予定だったようです。 (実際は、リリスの分身とされているエヴァ初号機によって行われた。) ④最後にシンちゃんはなぜアスカの首を締めてたんですか? それは誰にも判りません。。 これについても、ファンの間では色んな見方がなされています。 こんなファンサイトもありますので‥‥ http://evemedia.ddo.jp/evawiki/

0

①カジはたぶんリツコに撃たれた。足音はハイヒールっぽいし、最後の台詞は親しい人に対するしゃべり方です。 ②ロンギヌスの槍は、ATフィールドを破る。十字架にかけられたイエスを刺した槍が名前の由来。 ③リリンはリリスの子供。リリスはアダムがエバと結婚する前の奥さん。聖書には出ません。 ⑤アダムを手に移植して、レイの中のリリスと合体させようとしました。