ID非公開

2015/9/21 14:33

22回答

宅建の報酬額の問題で混乱しています。。助けてください 宅地建物取引業者A社(消費税課税事業者)は貸主Bから建物の貸借の代理の依頼を受け、宅地建物取引業者C社(消費税課税事業者)は借

資格352閲覧

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

0

間違った書き込みしてました。 居住用建物の貸借の媒介の報酬は、原則として借賃の2分の1ヶ月分を依頼者の一方から受領できる。但し、媒介の依頼を受けるに当たって依頼者の承認を得ている場合には、依頼者の一方から借賃の1ヶ月分を受領する事も可能である。 なのでDから承諾を得た場合は50000円+消費税を超えて100000円+消費税までの金額を受領できますね。これはあくまでもCとDの間の話です。 仮にCが1ヶ月分+消費税の報酬を得た場合、Bの代理のAは報酬を得る事ができるんですかね? 私が持ってる宅建関係のテキスト類には一切触れられておりません。 感覚的に複数の宅建業者が関与した場合の報酬の総額は1ヶ月分+消費税では無いかと思われ、これが適用されるとAは報酬無しですよね。 実際の報酬の支払いの確認をお互いにしなければそれぞれが理由つけて1ヶ月分+消費税の報酬を受ける可能性もあり、これをチェックする方法が無いので野放?スッキリしないなあ。

その他の回答(1件)

0

まったくいつの過去問ですか! 消費税が5%の時でしょ、今は8%です 54,000円まで受け取れます。(承諾がない場合) C社は、Bから依頼を受けていないのに ⇒C社は、「D」から報酬を得ているのでは?