アンケート一覧ページでアンケートを探す

ナポレオンは世界史の英雄、ヒトラーは世界史の悪役の違いは何ですか?フランスとドイツの違いでなぜナポレオンは英雄?

世界史16,186閲覧

4人が共感しています

新機能 AI回答テストを実施中! テスト対象カテゴリ:歴史・悩み相談 ※回答がつかない場合は、画面のリロードをお試しください

ベストアンサー

NEW! この回答はいかがでしたか? リアクションしてみよう

ThanksImg質問者からのお礼コメント

異国で生まれて活躍と言う点では原爆を作ったアインシュタインも共通しています。 他の方も有難うございました。 ※仙台の田舎者だけ解答出来ておらず、一日中馬鹿丸出しの知識と関係無い愚問の知恵袋か?

お礼日時:2012/4/14 1:46

その他の回答(6件)

そもそも英雄とか悪役なるものは明確な定義を持ったものではなく、評価者次第でどうとでもなる程度の尺度にすぎません。 ナポレオンやヒトラーに限らず、その人物に対する評価は評価者の歴史観によって変化をするものなのです。 例えばチンギス・ハンはモンゴルの大英雄で、彼の帝国はユーラシア大陸を席巻し、広大な土地を支配しました。 当然、モンゴル人の一般的な歴史観からいえばチンギス・ハンは英雄ですが、支配された側の地域にとっては残酷な侵略者にしか過ぎません。 ロシア人にとってはタタールのくびきをもたらした悪人であり、ソ連時代はモンゴルもソ連に遠慮してチンギス・ハンを持ち上げられませんでした。 コロンブスは西洋人にとっては新大陸への道を拓いた英雄でしょうが、ネイティブアメリカンにとってはその後の植民地化への道を拓いた人物でしょう。 豊臣秀吉は日本人にとっては魅力ある戦国武将でしょうが、朝鮮半島の二国にとっては憎い侵略者です。 結局、英雄なるものの評価とはその評価者の歴史観次第でどうとでもなるのです。 はっきりとした定義を持たない曖昧な言葉なのです。 ナポレオンもフランス人にとっては英雄でも、ロシア人にとっては侵略者に過ぎません。 ヒトラーも1930年代前半の一般的なドイツ人にとっては民族の英雄でしたが、ユダヤ人にとっては極悪人です。 現代でもネオ・ナチなどのナショナリストや反イスラエル・反シオニズムのイスラム過激派にはヒトラーを英雄視したり肯定的に評価する人物もいるでしょう。 「○○という人物は英雄なのか?」という問い自体が明確な答えを持たないもので、妥当な歴史認識に基づく評価ならばどれでも正解になり得るのです。 最後に、ナポレオンが没した島はセント・ヘレナ島です。

どっちもヨーロッパを巻き込んで戦争しましたが、結論だけを言うとヒトラーはまったく無関係の幼児も含めて非戦闘員をユダヤ人というだけで殺しまくった。 ナポレオンはそんなことはしていません。

ナポレオンの活躍してた時代は国内外で革命や紛争が起きていた頃で、彼一人が戦争を引き起こしたわけではなく、その流れ的なもので軍事的才能があった彼が英雄的に上りつめて行った次第。勿論彼の功罪もあったが、彼が関わった戦争で死者200万人・・一方彼の残したナポレオン法典、軍事(軍術)的な改革はその後も生かされ軍の近代化の基礎にて継承された(例、それまでの輜重{補給など後方支援戦略}の軽視を改めさせた)民主化促進など(彼の政治的思想、自由・平等・博愛は、現在も引き継がれ、海外へも輸出されていった。フランスの三色国旗はこれらに由来します)・・一方ヒットラーの場合は、国家間同士の約束(条約など)信義をまったく守らない独善的で姦計な国家戦略であり、徹底した人種差別(特にユダヤ民族への)で、非戦闘員のホロコースト(大殺戮)など犯し、彼の偏見と独断で侵略を開始しヨーロッパを戦禍に巻き込んだ典型的な独裁者タイプでとても英雄的とはいえません。ナポレオンは人種差別=ホロコーストなど命じてはいません、彼の流刑地は南海の孤島セントヘレナ島です。

ナポレオンもヨーロッパの大半を征服した「侵略者」と言えなくもないですが、ナポレオンはいわばフランス革命の産んだ子であり、ナポレオンによるヨーロッパ征服により、ヨーロッパ大陸に民主主義の種がまかれ、その後のヨーロッパにおける民主主義の成長に大きな役割を果たしたと言えます。いわば民主主義革命の輸出者であったわけです。 一方のヒトラーの方は、ゲルマン民族が最高で、スラブ民族などは低級な人種で、ソ連の土地などゲルマン民族の支配下におき、スラブ民族には命令が分かる程度のドイツ語を教え、ゲルマン民族の奴隷として使って行こうなどと考えていたので、おなじ「侵略」と行っても全然性格が違いますね。英雄と悪玉に分かれるところです。

ヒトラーやナチスはゲルマン民族至上主義をかかげ、 混血しないように、他民族を迫害したり、お金持ちで 世界中に散らばるユダヤを敵にまわしちゃったってことかな。 普通に考えてアウシュビッツなんかを連想していいイメージはないでしょう。 末期症状のアテネに似て、両親ともがアテネ市民でないと市民権を得られないアテネより 市民権を容易に取得できたローマ帝国との関連も似ている気がします。