宅建合格者に質問ですが、来年宅建を独学で受けたいですがおすすめの参考書はありませんか?

資格371閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

0

その他の回答(8件)

0

TACのわかって受かる宅建士シリーズ(基本テキスト.DVD.過去問10年分、厳選過去問500など)を6月くらいまでに終えてTACのスマートWEB本科を受講すればいいと思います。 今年はGACCOでTACの宅建民法の無料講座があり、受講修了者は割引価格でTACの講座受講できる特典があったのでそれを利用してスマートWEB本科を受講してます。 ただし割引コード入手が8月だったのでWEBの受講が8月後半からで、チョットスケジュール的には辛いです。 最初にUー◯anの教材を揃えたのですが、正直言ってわかりずらく、これじゃあまずいと思って探して出会ったのがTACでした。

0

私は3カ月で働きながら取得しましたが、絶対模擬試験を受けて下さい。 私は不動産六法と過去問ばかりやってました。 参考書いくら理解しても回答できないならゼロですから。

0

2014年度合格者です(36点で合格)。 個人的におすすめの参考書は、らくらく宅建塾シリーズです。 ●参考 【勉強期間3カ月】宅建に合格する!! http://keichirou0530.blog.fc2.com/blog-category-4.html 過去の過去問から重要な問題をピックアップし、解説も平易な言葉で書かれているので、初学者でも理解しやすかったです。 また、解説を読んでも理解ができないことも少々あったので、LECやTACの厚めの参考書を買い、そちらで補完していました。 他にも色々な教材があるので本屋などで立ち読みしながら自分にあった教材を探されるのがよろしいかと思います。

0

来年度への宅建学習開始ということですが、さしあたり、序盤戦は、どこのものでも、自分が勉強しやすいと思うものを選べば良いです。 宅建入門と言うものでも良いし、スッキリ宅建や宅建の教科書等いろいろ有ります。 ただ、2つだけやめておいた方が良いものが有ります。 ・パーフェクト宅建基本書 ・佐藤のらくらく宅建塾 この2冊は、10年以上、宅建参考書の2強です。 一見すると全く異なる書き方なのですが、結局何を説明しているかは共通しているので、互いに補完しあってきたとも言えます。 しかしながら、実際にここ10年の過去問と比較すると、出題が少ないことへの説明が多過ぎです。 すなわち、余計な勉強をしてしまい、肝心なここ10年過去問に沿った知識のインプットがおろそかになってしまいます。 特に、パーフェクト宅建基本書については、信者が多いのですが、上記の観点で見直していただきたいものだと思います。 ということで、上記伝統の2冊以外なら、自分の好みのもので。

0

過去十年間の過去門のみで充分です。 あとは、ひたすら読むのみ。